LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

今、最も勢いのあるテーマパークといえばユニバーサルスタジオジャパン『USJ』ですよね!

年パスを買ってイベントが変わるたびに足を運んでいる女子も多いと思います。

これだけ通ってるのなら、「いっそUSJの近くに住んじゃいたい!」と思ったことのある方もいるでしょう。

しかし、ただ遊びに行くことはあっても、移住するとなったら話は別です!

USJのある此花区はもともと工場地帯もあったりするので、住むのはどうなんだろう…そんな不安を抱えてる方必見!

今回は治安など含めて、此花区についてご紹介します!

 

1.大阪市内の中でも、まずまずの治安である

調査した結果、総合的にみると此花区の治安はそこまで良いとは言えないようです。

防犯運動が盛んな此花区ですが、住宅街を離れると、工業地帯に入ってしまうため、人の往来などが少なく、治安面で、不安が残る地域もあります。

また、医療機関が少ないことも、デメリットの一つとして挙げられます。

ただし、大阪市此花区はパトロールが積極的に行われていることもあり、これからの改善が見込めそうです。

アミューズメント施設の最寄り駅周辺では、人通りが多い割に、犯罪件数が少なく、警察官や区の関係者によるパトロールが盛んに行われていることがわかります。

また、工場地帯があるのは奥地側ではありますが、やはりその影響は多少なりともあります。

ですが、「工場地帯=環境が悪い」というわけではありません!

実は、高度経済成長期に此花区の工場地帯では公害問題がありました。

ですが、その問題を抱えた経緯があったことから、今では美化に対しての整備が率先して行われているんです!

また、お昼は他の町と変わらず平和で安全な地域です。

もし、安全面が不安な方は夜は一人で出歩かないようにすれば、100%とは言えなくとも平和で便利な此花区を感じることが出来るはずです。

 

2.此花区の魅力は?

2-1.日常生活で困らない!

此花区には下町の雰囲気ただよう商店街があります。

商店街のある地域は活気が出ていますし、スーパー、飲食店、お菓子問屋などがあると毎日過ごしやすいですよね。

 

2-2.交通の便が良い!

此花区は交通面が非常に便利ということを忘れてはいけません。

西九条駅にはJR、阪神電車が乗り入れているので色々な場所にアクセスがしやすいんです。

USJはもちろん、京セラドームにも神戸にも出やすいのでお出かけの幅が広がります。

 

2-3.世界中から注目されている!?

実は此花区は、Airbnbという人気のウェブサイトが発表した『2017年度に注目する観光地ランキング』で世界4位を獲得しました。

此花区は「都会の便利さはありながらも町の喧騒から外れている」「緑が豊か」「郷土料理が楽しめる」という観点からこの順位を獲得したそう。

住んでみれば、更なる此花区の魅力に気づいてしまうかもしれません。

 

3.ユニバーサルシティ駅にはマンションがたくさん!

「どちらにお住まいなんですか?」

「ユニバーサルシティです。」

「 …えっ!」

ユニバサルシティのマンションで暮らすと、初対面の人とはこんな会話にきっとなるでしょう。

ユニバーサルシティ駅はテーマパーク専用の駅のように思われていますが、再開発によって暮らす街としても魅力のあるところになっています。

 

3-1.大変身を遂げた大阪ベイエリア

テーマパークができるまで、西九条駅から桜島線(ゆめ咲き線) という線路がベイエリアに向けて延びていることを知らなかった人も多いのではないでしょうか。

高度経済成長やバブル期には住宅開発が郊外へ広がりましたが、意外な盲点になっていたのがベイエリア。

重厚長大産業がひしめいていた時代が終わり、その広大な跡地にはテーマパークやホテル、アメニティ施設など豊かな暮らしを楽しむための施設が続々と誕生しています。

家族連れやカップルの人気スポットとなっており、ひと昔前のイメージとは違った洗練された環境が整っています。

 

3-2.大阪駅へ乗り換えなし最短10分

交通の利便性もユニバーサルシティ駅の魅力です。

ゆめ咲き線 はJR大阪環状線から分岐した支線ですが、テーマパークへのアクセスを良くするため約半数の電車は直接乗り入れています。

便数も平日朝7時台・8時台にはそれぞれ9便が運行され、大変便利です。

大阪駅へは最短では10分、170円。

とても利便性が良いと言えます。

 

3-3.ユニバーサルシティ駅へは桜並木の遊歩道が!

普通、駅から徒歩2分といえば商業施設やパチンコなどの遊技店、飲食店がひしめき賑やかだけれど騒々しいと思ってしまいます。

しかし、ユニバーシティ駅は駅前から線路に沿って桜並木の遊歩道がつづいていて、まるで郊外のニュータウンのよう。

女性やお子様の夜道の不安も軽減されます。

その桜並木は全長約202m。

リゾート感があふれています。

 

4.此花区のおすすめスポット

4-1.ユニバーサルスタジオジャパン

最初にご紹介するのはもちろんこちら。

国際的テーマパーク、USJです。

USJは大人から子供まで楽しめるので、家族や友達、恋人など誰と一緒に行っても楽しい一日を過ごすことが出来ること間違いなしです♪

また、此花区に住むなら年間パスポートを買ってしまうのもおすすめです。

多彩なアトラクションやイベントなどがあり、一年中楽しめそうですよね。

USJ上級者にもなると一人でお散歩がてらUSJの園内を散策することもあるとか。

せっかく此花区に住むならそんな贅沢も味わいたいですね。

また隣接する複合商業施設のユニバーサルシティウォークやスポーツイベントも開催される舞洲スポーツアイランドなどの施設もあるようです。

此花区には休日に出かけて楽しめそうなスポットが充実しています。

 

4-2.新夕陽ヶ丘

此花大橋を越えると左手にあるのが新夕陽ヶ丘という展望広場です。

こちらの丘の周りには遮るものが何もないので海が360°広がっている広大な景色を堪能することが出来ますよ。

さらに、此花区に住んでいる方だけの特権があるんです。

それは夕日や夜景を見れることです。

もちろん観光でも夕方以降に行くことは可能なのですが、バスの本数がかなり少なくなってしまうという欠点があります。

ですが此花区に住んでいれば、車やバイクでふらっと新夕陽ヶ丘に立ち寄って絶景を堪能することが出来ちゃいますよ。

人も少なく穴場スポットなのでぜひ行ってみてくださいね。

 

5.此花区の治安についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

元々工場地帯というのは不安要素ではあるかもしれませんが、商店街では大阪のおばちゃんの温かみを感じられること間違いなしです。

エリアによって雰囲気は異なりますが、全体的には治安も良く住みやすそうです。

此花区の中でも大阪湾に面したエリアにはテーマパークやスポーツ施設・複合商業施設など人が集まってくるような有名スポットが点在し、休日も充実した時間が過ごせそうです。

また海に面しているロケーションで開放感もあるのではないでしょうか。

一方で区の東側の内陸エリアには商店街や公園も点在し、落ち着きが感じられるのかもしれません。

また西九条駅を中心として市内の移動には利便性もありそうです。

全体的に落ち着いた雰囲気で治安も良いという意見も見られ、住みやすいエリアなのでないでしょうか。

お引越しの際にはぜひ此花区も検討にいれてみるのもいいかもしれません。