LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

上の階の音がうるさい、隣の人がうるさい…なにかと一人暮らしで問題になってくるのは、そうです、“騒音問題”ですよね。

一度住んでしまうと、集合住宅にともに住んでいる住人たちの騒音を我慢し続けないといけないのか…。

答えは“NO”です!

ですので今回は、上の階がうるさいときに役立つ、簡単にできる防音対策をご紹介しましょう!

賃貸のマンションやアパート、木造の物件でも超簡単なDIYで手軽にできてしまうので、ぜひ参考にしてください。

 

1.天井部分からの音漏れや騒音について

1-1.鉄筋や鉄骨、木造…防音の差はどれくらいあるの?

一般的に言えば、木造住宅というのは非常に音を通しやすく、鉄筋や鉄骨で組まれている物件よりも小さな音漏れや騒音が響きやすいという傾向にあるんです。

なんとなく「そうだろうな…」と感じはすると思いますが、低音で響き渡る、高音で響き渡るなど音によって響き方が違うということですね。

ですが、それぞれの差は、音の種類によって異なるようです。

 

1-2.空気音や衝撃音など音の種類が違う

音というものには、大きく分け、ふたつの種類があるんです。

ひとつ目は、空気が振動することで音が伝わる空気音で、あなたの部屋の上階からテレビの音声が聞こえてくるなどはこれになります。

ふたつ目は、床や壁などになにか固いものがぶつかって伝わってくる音。

これを衝撃音と呼びます。

上階で足踏みしたり、物を落としたときに聞こえる音を衝撃音と呼びます。

 

2.簡単にできる防音対策

2-1.市販されている防音対策グッズを購入する

最も手軽にできる防音対策というのは、市販されている防音対策グッズを購入すること。

種類もさまざまで、いろんなグッズが販売されていますが、一般的には次のような商品が転倒販売されています。

上階からの騒音が気になるのなら、天井部分にこれらのグッズを活用してみると安心できるでしょう。

防音カーテン、窓や壁・天井に貼ることができる遮音シート、窓の隙間を埋めてきっちり防音性を高めるテープ、吸音フェルトパネルなどなど、購入できるアイテムはたくさんあります。

 

2-2.DIYで防音対策をしてみる

もしあなたの手先が器用であれば、DIYに挑戦して、防音対策をしてみるのもいいかと思います。

例えば、窓の内側にもう1枚サッシを取り付るだけで二重窓になるので、防音に効果ができます。

DIYの総制作費もおおよそ10,000円程度で気軽にできるので、DIYビギナーにもオススメです。

 

2-3. 家具の配置変更をする

「騒音が耳に入ってきて気になって仕方がない!」「絶対にここがいつもうるさい場所!」というのが分かるのならば、家具の配置変更をしてみることをオススメします。

防音対策としてかなりの効果が期待できますよ。

家具の重みが天井からの振動や音を遮って音を出さなくしてくれるので、超簡単に防音対策がとれます。

特に上階からの足音や物を落としたときの音など衝撃音での騒音には効果的です。

 

2-4.上階の間取りをしっかりと把握

上階の間取りをちゃんと把握していると、騒音の原因を突き止めることができます。

例えば、いつも洗面所やバスルーム付近がうるさいようなら、騒音は洗濯機の振動やお風呂の水を流すことが原因かもしれません。

こんな風に原因が分かれば、防音の対策もしやすくなります。

そのエリアの騒音対策に力を入れるだけで、音を抑えることができるのです。

 

2-5.上階の住人と話し合う

さまざまな防音対策をしても効果がない場合は、上階の人としっかりと話し合いましょう。

生活音というのはお互い様ですから、和やかなムードで音のことについて語らうことが一番です。

しかし、場合によっては、上階の人とトラブルになる可能性もないとは言えないので、できれば、その騒音問題の事情を話して、大家さんや管理会社も一緒に立ち会ってもらうとトラブルにはなりません。

 

3.下の階に響かせないようにするためには

3-1.防音対策グッズを購入して床の防音対策をとる

下の階への騒音対策として、防音グッズを購入しておきましょう。

最近では手頃に購入できる効果的なグッズも売られているのでオススメです。

下の階に音を響かせないようにするために、気を遣うこともトラブル回避につながります。

ジョイントマットや厚手のカーペット、ラグ、底がゴムや厚手素材でできているスリッパ、防振ゴムなどを購入しておくと下階の人に迷惑をかけることはありません。

 

3-2.下の階の人と話し合いをする

もし普通の生活音で苦情が入るようなら下階の人と話し合いをするのもよいでしょう。

ただ直接話をすると場合によってはトラブルになるので、可能であれば大家さんや管理会社の人に立ち会ってもらうのもオススメです。

相手も実際に顔を合わせて話をしてみると、冷静に生活音を受け入れてくれる場合が多く、朝や夜にすれ違いざまにあいさつを交わすようになるなど、人間関係に変化が生まれます。

 

3-3.ヘッドホンを使うなど生活音を極力小さくする努力する

仕事が深夜に及ぶ、また学校終わりのアルバイトが夜中になってしまうので、どうしても夜に騒音を出してしまうという女子は、テレビや音楽を聞くときにヘッドホンを使うなどして生活音を極力小さくするように努力しましょう。

集合住宅の賃貸物件というのは住人すべてが、気持ちよく生活したいものですから、常識的な範疇で大人の配慮をすることが必要です。

人の立場に立って、人を気遣い、暮らしていきましょう。

 

4.防音性の高い賃貸物件選びに関するコツ

4-1.防音性の優れた賃貸物件の建築構造とは?

・木造物件の防音性

一般的に賃料が安い木造賃貸物件は、防音性からみると優れていません。

もちろん、木造物件のすべてが防音性が悪いとは言えません。

賃貸物件を借りるなら、やはり高い防音性が必要という女子なら、避けるべき物件です。

 

・鉄骨造りの物件の防音性

鉄骨造りの賃貸物件は木造より防音性が高いといわれていますが、それでも決して高いとは言えないのです。

鉄骨造りの物件にも防音性に優れた物件はあるのですが、家賃が高くなる傾向があります。

 

・鉄骨鉄筋コンクリート物件の防音性

RC・SRC工法で建てられた物件というのは、木造や鉄骨造と大きく異なり、防音性はかなり高くなります。

防音性を求めて静かに暮らしたいという一人暮らし女子は満足すると思います。

 

4-2.建物工法以外で防音性の高い物件を見分けるコツは?

先ほどの説明で構造による防音性の違いはわかってもらえたと思いますが、防音性というのはすべて構造で決まるわけではありません。

ここでは、それ以外で物件の防音性を見分けるコツについて解説していきましょう。

 

・角部屋かどうか

通常の家賃よりも高くなってしまう角部屋。

賃料が高い理由のひとつに高い防音性というものがあります。

角部屋は音の広がりが少なく、中部屋よりも聞こえてくる生活音が少なくなるのが理由です。

 

・周辺環境が重要

物件の防音性を考えるよりも周辺の環境が大切になってきます。

防音性の高い物件だったとしても、周辺が騒音だらけだと防ぎきることはできませんよね?

また防音性の低い物件だったとしても、周辺環境が静かであれば気にならないこともあります。

 

 

そのほか、自分が部屋によくいる時間帯に内見に行く、壁を叩いて確認する、部屋の中心で柏手を打ってみる、その物件に騒音トラブルがなかったか不動産会社に聞いてみるというものあるので、そのポイントを重要視して部屋探しを行ってください。