LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

高層マンション、いわゆるタワーマンションは、上流階級の住む場所というイメージで非常に人気が高いですよね。

しかし実際にタワーマンションは本当に住みやすい物件なのでしょうか?

引越しを考える前にメリットとあまり知られていないデメリットを紹介します。

 

1.タワーマンションに住んでよかった!メリットとは?

 

1-1.眺望が抜群!

眺望が素晴らしいです。

層階であれば景色を遮る建物は何ひとつないので、周りから家の中を見られることがないという利点もあります。

リビングルームのカーテンを開けっ放しにできますし、深夜の時間帯でも、カーテンは開けっ放しにして夜景を楽しめます。

昼間でも夜でも、落ち着いた時間に、ソファに座ってコーヒーやお茶を飲みながらゆったりとした気分で外を眺めているときは至福の時でしょう。

花火大会が家から見られるなんてことも。

特にタワーマンションは窓が多く開放的な部屋の作りが多いですので、高層階ならではの開放感を味わえます。

冬場でも日が当たり暖かかく、断熱がしっかりしており、真夏に暑すぎるということはないです。

冷暖房の費用も安くすむことが多いようです。

 

1-2.上層階は虫(ゴキブリや蚊、ハエ等)が出にくい

タワーマンションの上層階ではゴキブリ等の虫が出にくく、虫嫌いな人にはぴったりです。

季節や時間に関係なく、窓を開けて気兼ねなく換気する事ができます。

 

1-3.なんといってもステータス!

タワーマンションに住む一番のメリットはステータスじゃないでしょうか。

モテたいなら間違いなくタワマンに住むことをおススメします。

 

1-4.共用施設が充実している

タワーマンションの魅力といえば、一戸建てや世帯数の少ないマンションにはない共用施設です。

スポーツジムや庭園、キッズルーム、ラウンジがあるところもあるんです。

住民しか使えないので混みあったりすることもありません。

施設を維持するための管理費なども世帯数が多いので安いです。

特に小さいお子さんがいる場合、雨の日などの外出できない時でも、遊ばせることができますし、お友達と遊ぶこともでき便利です。

 

1-5.セキュリティが充実している

周辺の環境やマンション自体の防犯などを気にする方にぴったりです。

夜遅い時間に帰宅する事が多い女性の方などは、帰り道などが暗い環境だと不安ですよね。

安心して帰れる家に引っ越したいと思い、タワーマンションに決めたという方も多いようです。

タワーマンションは建物自体が明るいのと、24時間防犯設備がしっかり整っているのでとても安心して暮らす事ができます。

 

2.タワーマンションに住んで後悔した!デメリットとは?

 

2-1.地震の時に怖い!不便!

タワーマンションの上層階に住むデメリットと言えば、地震等の災害の時に非常に被害が大きいと言う事です。

まず当たり前ですが、高層なだけにとても揺れます。

実際の震度よりも揺れが強く感じるので、とても怖いです。

また停電でエレベーターだけでなく、階段の電気もつかないことがあり、携帯のライトで上り、非常に暗くて怖いだけでなく危険で、タワーマンションに住んだことを後悔したという方もいらっしゃるようです。

具体的に東日本大震災が起きた時に液晶テレビが落ちて、液晶が割れる、食器棚に入れていた食器のほとんどが割れてしまう等の被害がでたりと、建物自体には壁などにもダメージは無いのですが、実際の震度よりも体感する揺れが激しく怖い思いをしたという方が多いです。

 

2-2.固定資産税、都市計画税が非常に高い

タワーマンションは安い買い物ではありませんので、その分固定資産税と都市計画税も高くなっています。

最初の5年間は年間11万円だったのに、6年目からは年間17万円近くまであがることもあります。

なぜ6年目から税金があがるかというと、最初の5年間は「新築住宅の固定資産税の減額」という措置があるからです。

ということは、中古分譲マンションで買った場合は最初から高い固定資産税と都市計画税を払うことにもなってしまいますよね。

しかも、完成していないマンションを購入する場合は、固定資産税と都市計画税がどれくらいになるのかわかりません。

中古分譲マンションの場合はマンションの評価ができるので税額がわかるのですが、完成していないマンションは評価ができないために税額もわからないということになるのです。

 

2-3.買い物した荷物を運ぶのが面倒

買い物の後などの荷物を運ぶ時が、とても面倒です。

エレベーターを待ったり、荷物を運ぶ時間がタワーマンションだと負担が大きいです。

エレベーターは2台あれば、待ち時間は少し短縮されるかもしれません。

また、引っ越しの際やごみ出しも同様に荷物を持ち運ぶ際に負担がかかります。

大きい荷物だと他の住人にも迷惑がかかることもあるようです。

 

2-4.強風で洗濯物が干しにくい

難点なのが、高層階でベランダに出ると下の階よりも風が非常に強いです。

在宅中に窓を開け放しておくと、夕方くらいには家中砂埃だらけになってしまいます。

日々の床掃除が若干大変かもしれません。

また、洗濯物を外干しする場合強風でとても絡まるのも難点です。

お布団干しについても、マンションの規定で高層階では欄干に干せないと決まっているところが多いと思いますので、どうしてもベッドにするか布団乾燥機等で対応するか、となり若干余分な出費になるところも難点です。

 

2-5.幼児のいるご家庭は注意が必要です

子供が赤ちゃんの時は良いのですが、少し大きくなったら部屋で走り回るようになりますよね。

タワーマンションということで、普通のマンションやアパートに比べて防音はしっかりしているのですが、それでも下の階の方にはうるさく感じられてしまう場合があるようです。

迷惑をかけそうな時は子供と一緒に外出したりと工夫はできそうなのですが、タワーマンションゆえに、エレベーターで下りて外出するのが面倒で、なかなか大変です。

 

2-6.外出しなくなる

タワーマンションは便利なので、なかなか外出する機会がなく出不精になってしまいます。

コンビニもタワーマンション内に入っている場合もありますので、ちょっとした買い物もそこで全て済んでしまうので、ある程度上の階層だと下に降りて出かけるということが面倒になってしまうようです。

用事がない限り、自由な時間をほとんどマンション内で過ごしてしまうことに。

それが良かったという意見と便利すぎたとという意見とあるようです。

 

2-7.管理費が高い

管理費が高いです。

タワーマンションならではのゲストルームやミニショップなどの設備がついているタワーマンションも多いため、管理費がとにかく高いです。

そのような設備をそれほど利用しない方には、高い管理費がもったいなく感じられるようです。

 

 

タワーマンションのメリットとしてあげられるのは「眺望・景観」でした。

他には「設備」や「セキュリティ」が良いという声も多くあるようです。

反対にデメリットで多かったのは「地震」でした。

タワーマンションであれば、制振・免震なのでしょうが、小さな地震でも揺れを感じてしまうのが多くデメリットに上げられた理由でしょうか。

次いで多かったのは「エレベーター」に関することでした。あとは維持費(管理費)が高いという意見もありました。

タワーマンションならではメリット、デメリットをご紹介しました。ぜひマンション購入を考える際の参考にしてくださいね。