LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

一人暮らしを始めると色んなことがルーズになってしまいますよね。

男性はまぁ部屋が汚くとも、ある程度は許されちゃいますが、女子はそうはいきません!

女子には掃除をして部屋をきれいにして、コンビニ弁当なんか食べず、自炊をする家庭的な女性であってほしい…。

服だってそうです。

寝るときの部屋着はモコモコフワフワのゆったり服をきててほしい…。

なんてのは、男子の妄想です!(笑)

実はパンツ一丁で寝たことある女子は意外と多いそうなんです!

そこで、一人暮らし女子はみんな寝ているときどんな格好で寝るのか調べてみました!

 

 

1.一人暮らしの部屋で、ひとり眠りに落ちる瞬間…。あなたはどんな格好をしていますか?

ゆっくりと体を休めるためには、心身共にリラックスすることが重要といわれています。

「パジャマ」や「ナイトウェア」を着用するのが基本ですが、自分ひとりだけの世界です。

自由で開放された女子はもっとトンデモナイ格好をしているかも……!?

一人暮らし女子がどんな姿で寝ているのか、調査しました!

 

 

2.パンツ一丁で寝た経験ある…!?

夜眠るときの服装は「体を過度に締め付けずゆったりしたものがベストである」と言われています。

市販されているパジャマやナイトウェアも、比較的締め付けがなく、ゆったりとしたスタイルで作られていますよね。

締め付けないのがベストなら……いっそパンツ一丁でもいいのかもしれない!?

彼と一緒にいるとき…友達が泊まりに来た時…とか、そういう場合を抜きにして「ひとりで寝ている」ときに、実家暮らしでもないし、一人だしまいっか!と思いきってしまったことがある女子は、どれくらい存在するのでしょうか?

 

 

2-1.正直、パンツ一丁で寝たことってありますか?

  • ある 4割
  • ないけどしてみたい 1割
  • ないし、今後もしない 5割

 

「経験がないし、さらに興味がない、今後もしない」という女子が半数以上とのこと。

でも、なんと「パンツ一丁で寝た経験あり」という女子が4割もいました!

人には見せられない姿ですが、睡眠中に「自由」を満喫する女子も多いということのようです。

 

 

3.ちょー大胆!全裸で寝た経験のある女子…!?

「パンツ一丁」で寝た経験があるという女子の割合が意外と多かったので、さらに踏み込んでいってみましょう!

特に男性と一緒…というシーンではないにも関わらず、最後のパンツ一丁さえも取っ払った姿……つまり全裸で眠った経験がある女子!

そんな女子はどれくらいいるのでしょうか?

 

3-1.正直なところ、まったく何も着ず全裸で寝たことはありますか?

  • ある 3割
  • ないけどしてみたい 1割
  • ないし、今後もしない 6割

 

残念ながら「パンツ一丁」よりも少し減ってしまう結果となりましたが、約3割が経験ありという事実が発覚しました!

でもまぁ、起きてからの着替えも、スムーズに済ませられて理に適ってるかも…!?

日本では叶姉妹だけだと思っていましたが…いやはや、奥ゆかしき日本人女性の姿はどこへやら…。

寝姿事情も欧米化してきているんでしょうか。

う~んセクシーであります!

 

 

4.パンツ一丁や全裸で寝ると…良い事、悪い事とは?

では次に、「パンツ1丁」や「全裸」で眠ったときのメリットやデメリットってどんなことがあるんでしょうか?

経験者女子たちの意見がコチラ!

 

4-1.経験者は知っている!パンツ一丁or全裸で寝るメリットとは!?

メリットその1「寝具の感触がとっても気持ちいい!」

★ホテルに宿泊したときには絶対全裸で寝る!という意見が。

ピシッとアイロンされ清潔感のある真っ白のシーツが気持ちいいということです。

うんうん、なんか気持ちよさそうな気がします。

しかーし!

自宅以外でもしちゃうんですね…むしろ自宅より宿泊先がいいなんて…大胆です!

★布団が気持ちよく感じるという意見も。

普通にパジャマを着て寝るより寝具の感触を肌で味わうということですね!

室温がちょうどよい時が最強との意見。やっぱり開放感を味わいたいのが人間の性分ということですね!

素肌で眠れば、全身でシーツや布団の素材の感触を楽しむことができるというわけです。

寝具にこだわっている人、シルクの寝具を使っている、なんて人は、ぜひ一度体感してみましょう!

肌触りの良さにうっとりと眠ることができるはずです!

また、お泊まり時のお楽しみにしている女子も多いよう。

これならば、ベッドメイクの手間がないですからね。

 

メリットその2「とにもかくにも、とにかく楽ちん!」

★解放感があって気持ちがいいのでぐっすり眠れるという意見が多かったです。

仕事のストレスから解放されて、身も心も解き放った状態で寝るのが気持ちいいということですね。

「パンツ一丁」や「全裸」で眠ることのメリットは、とにかく解放感があるということなのです。

特に普段から、ピタッとした服やストッキングなど洋服の締め付けにストレスを抱えている方にオススメな就寝方法と言えるかもしれませんね。

眠っている時間は意外と長いので、全身の疲れも取れやすくなるのかもしれません。

 

4-2.経験者は知っている!パンツ一丁or全裸で寝るデメリットとは!?

デメリットその1「結構冷えるんです」

★寝るときは気持ちいいけど、朝起きたときは寒い!という意見が。

中には次の日、お腹が痛くなってる人も…(笑)

やめときゃいいのに…と思ってしまいますが、でも寝るときは暑くて気持ちいいからやめられない!というんだから、なんだかいいのか悪いのか…(笑)

ほぼ裸で眠ってしまうときのデメリットで特に多かったのは「冷え」に関する意見でした。

女性にとって冷えは大敵ですから、季節を選んだり、室温コントロールは重要だと言えそうですね。

特にお腹や足元は冷えやすいので、冷え性の人は特に注意しましょう。

 

デメリットその2「ほぼ裸で寝ると汚れが…」

★ベッドが汗で汚れてそうで毎日シーツを取り換えているという意見が。

毎日って…ホテルじゃないですか!

気持ちよさを得るには、そんな苦労があるんですね。

睡眠中は、人間は意外と多くの汗をかいています。

衣服で吸収できない分、寝具の汚れが気になるのももっともな話。

こまめなケアが難しい場合には、やはり大人しく服を着ていた方が、楽なのかもしれませんね。

 

デメリットその3「いつもの癖でついうっかり…」

★彼氏が来ているときに、ついいつも通りパンツ一丁で寝てしまいびっくりされたという苦い経験のある女子も…。

中には、寝起きでパンツだけでベランダの服をとりに行ってドン引きされ、そののち別れを切り出された…なんて悲惨な話も。

パンツ一丁で平気な顔をしているなんて女子は危険信号でまくりです。

きちんと使い分けてくださいね!

自宅で過ごすときの基本的なスタイルが万人共通かというと、そうではないですよ!

パンツ一丁や全裸は男女関係なく「基本ナシ!」であるためご注意を!

 

 

5.まとめ

一人暮らし女子が部屋で眠っているときには、他人には見せられないような恥ずかしい格好をしている…なんて女子も、意外と多いことがわかりました。

「そんなに開放的で気持ちいいなら私も挑戦してみようかな!?」と思ったアナタ。

「冷え」と「彼氏には見られない」ことだけは気を付けて、挑戦してみてくださいね。