LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

ミニマリストというのは、一人暮らしや生活にムダなものを持ち込まないという考え方の人々です。

人間というのは最低限の生活アイテムがあれば、しっかりと文化的な生活ができます。

このコラムは、ミニマリストが書いているブログや本を参考にしつつ、あなたにとって「何が必要で、何が不要か」を徹底的に洗い出ししたものです。

リストアップをしてみると、一人暮らし女子に最小限必要なものは、意外なほど少ないです。

これから引っ越すというあなたも、すでに一人暮らし女子のあなたも、もう一度自宅にあるものを見直してみてはどうでしょうか?

 

1.コストのかからない生き方をしよう

ここでいうコストとは金銭的なものだけではなく、物を探す時間や物を取りに行く時間もコストと言えます。

さらに、物を置いておくことにもコストがかかります。

例えば、多くな洋服ケースを部屋に置いておくだけで、そのスペースの賃料を支払っているわけです。

コスト意識を持って、物を見れば、それは本当にとっておくべきなのかどうかがわかるはずです。自分が好きなものと本当に必要なものは違います。

一人暮らし女子には、そのことを常に意識してほしいと思います。

 

2.すぐに必要なアイテム

雨風をしのげて、お風呂に入って、ゆっくりと布団に入ることができれば、人というのは幸せを感じられるものです。

そんな生活をすぐに送るための必需品がこちらになります。

ビジネスホテルのようなシンプルすぎる部屋にはなりますが、逆にそれが心地よかったりします。

 

2-1.カーテン

カーテンというのは、防犯や防寒、防音、防熱などさまざまな役割を果たします。

ですから、部屋の灯りが外に漏れないような分厚い遮光カーテンがオススメです。

 

2-2.照明

一人暮らしの前に、その部屋には初めから備え付けられているか確認しておきましょう。

もし備え付けの照明がないのだとしたら、引っ越す前に購入しておきましょう。

照明の明るさでその部屋の印象はまったく様変わりするので、事前に蛍光色、暖色などの種類を決めておくことが大切です。

 

2-3.寝具

敷布団と掛布団、枕と一式あれば、とりあえず大丈夫です。

実家暮らしをしていた女子ならそのまま持っていけば費用はまったくかかりません。

「絶対ベッドじゃないとイヤ」というあなたは、狭い部屋にベッド置いてください。

それこそがスペースのムダ遣いです。

 

2-4.トイレットペーパー

意外に忘れてしまうのが、このトイレットペーパーです。

しかし、これがないと非常に困ってしまうので、部屋に引っ越す前にドラッグストアなどで買っておきましょう。

ダブルよりもシングルの方が、長持ちするのでオススメです。

 

2-5.ティッシュ

最近ではオシャレなティッシュケースが売っているので、それに入れてしまえば、生活感も消え、なかなかいいと思います。

 

2-6.ゴミ袋

あなたが住む地域指定の袋を購入してください。

引っ越し当初というのは、やたらとゴミが出てしまうもの。ですから、すぐに購入しておきましょう。

 

2-7.タオル

洗面用や台所用、お風呂用などとりあえず、薄手のもの、厚手のもの、小さいフェイスタオル、大きいバスタオルなど6枚ほど用意しておけば大丈夫です。

 

2-8.お風呂マット

吸水性がよく、乾きやすいものを選びましょう。

タオル地を使っている毛足の長いものや速乾性の高いものなど、さまざまな種類があるので、吟味してみるのもいいでしょう。

 

2-9.洗剤類

シャンプーやハンドソープ、コンディショナーなど、各所で必要な洗剤などを用意。

お風呂洗い洗剤は、台所用の洗剤を薄めてスプレーに入れれば、代用できます。

 

2-10.ハンガー

洋服の収納や洗濯などに使用します。

ハンガーはさまざまな用途を分けた種類を揃えたほうが見た目がキレイです。

100円ショップやホームセンターなどで、10本セットで購入しましょう。

 

2-11.ドライヤー

静かな音で風量の強いものがオススメです。

最近では髪に優しい温風の出るイオンドライヤーなどもあり、選ぶのも楽しいでしょう。

さらに、手洗いした靴下や下着はドライヤーですぐに乾かせるので、洗濯機が届いていないうちは重宝します。

 

2-12.身だしなみアイテム

化粧水や乳液、クシ、歯ブラシ、カミソリ、爪切り、耳かき、ヘアスプレーなど忘れないようにしましょう。

 

2-13.ミニテーブル

食事するときや書きものをするときにあったほうが良いと思います。

電球の交換などにも踏み台代わりにもなります。

小さく気に入った色のものを購入しましょう。

 

2-14.スマートフォン

とにかく現代の必需品です。

電話機能だけでなく、地図や時計、Web、スケジュール帳、カメラ、タイマー、音楽、電卓、全部を賄うことができます。

使い勝手、保証期間などを考えれば、価格はともかく、iPhoneをオススメします。

2世代前のものであれば、非常に安く手に入ります。

 

2-15.スマホの充電器

引っ越し当初というのは、何かとさまざまな電話がかかってきます。

バッテリーが減るスピードが速いので、絶対に充電器を常備しておきましょう。

 

3.自炊のアイテム

次は自炊アイテムに関してです。

一人暮らし女子の場合は、あまりお金がないので極力外食は控え、自炊するようにしましょう。

 

3-1.炊飯器

一人暮らし用の炊飯器を購入しましょう。

 

3-2.しゃもじ

意外と忘れやすいかもしれません。

最近ではご飯がくっつきにくくて洗いやすいものが100円ショップで売っているので、購入しましょう。

 

3-3.片手鍋

万能な片手鍋。

お味噌汁やカレー、ラーメンもなんでも調理できます。

これがあれば一人暮らし女子には充分。

 

3-4.おたま

一人暮らしにはおたまは必需品。

なんでも予想ことができるので、必ず購入しましょう。

 

3-5.食器類

茶碗や汁椀、平皿、コップ、箸は必要です。

最小限の数にすれば、洗い物が溜まらないのでシンクが清潔です。

 

3-6.キッチンばさみ

何かと便利に使えるキッチンばさみ。

洗いやすいものを買っておきましょう。

 

3-7.ピーラー

大根や人参などの根菜類の皮をむくのにムダがないのがピーラーです。

 

3-8.包丁

包丁は1本あれば充分。

 

3-9.まな板

すべり止め付きで、プラスチックのものがオススメです。

 

3-10.スポンジとふきん

台拭き・食器拭き用など数枚ストックがあったほうがいいでしょう。

 

3-11.電気ケトル

ガスを使ってお湯を沸かすよりも安く、すぐに沸くのがこれです。

 

3-12.浄水器

水を積極的にとると、健康でいられます。

ミネラルウォーターを毎日買うよりは、浄水器を購入した方が安上がりです。

 

3-13.サランラップ

食料保存やレンジの使用には欠かせないサランラップ。

ご飯の冷凍保存にも便利。

 

3-14.電子レンジ

あるとなにかと便利なのがこれです。

疲れたときには、レトルト食品もチンできます。

 

3-15.冷蔵庫

大量調理した食品を冷凍したいので、中古で大きなものを買っておきましょう。

 

4.その他

その他、洗濯機や洗濯ハンガー、洗濯用洗剤、コロコロ※掃除機いらず、雑巾、激落ちくん、ほうき・チリトリ、書類ファイル、通帳・印鑑、笠谷レインコートなどの雨具、ドライバーセットなどの工具、延長コード、文房具、最低限の洋服・下着、スリッパ、収納に便利なカゴ、ごみ箱など。

この50が最低限の必須アイテムです。