LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

一人暮らし女子をスタートするにあたり、一番も不安に感じるのは防犯面のことですよね。

安心して一人暮らしをするには、賃貸物件のチョイスが重要になります。

オートロックを含め、防犯設備が整っている物件を選ぶことが、一番の安心につながるといっても過言ではないと思います。

ここでは、防犯面を含めて、一人暮らし女子がやめておいた方がいい物件の特徴を8つご紹介します!

住んでしまってから後悔しないように、内見するときにしっかりとチェックしておきたいポイントをまとめてみました!

 

1.一人暮らし女子の物件選びは慎重に行おう

物件選びは十分慎重に行うべきなのですが、特に一人暮らし女子をスタートする際は、賃貸マンションやアパートの物件選びが重要です。

なぜなら、一人暮らし女子をつけ狙う不審者がどこに潜んでいるかわからないからなんです。

セキュリティーの甘い賃貸物件であれば、不審者や犯罪者が部屋の中に侵入したりする恐れもないとは言えません。

危険に身をさらさないためにも、一人暮らし女子をスタートする際には、防犯意識をしっかり持ってください。

また、バスルームや収納といった基本的な設備も、一人暮らし女子が快適に暮らす上で大切な要素です。

予算よりもちょっと家賃が高くなったとしても、一度住んで、絶対に後悔しない物件を選ぶことをオススメします。

 

2.一人暮らし女子が住まない方がいい物件のポイント8つ

2-1.オートロックではない物件

オートロックが完備されているからといって100%安心というわけではありません。

しかし、防犯面のことを考えるならば、賃貸物件にオートロックは必須だと思います。

やはり、オートロック付きかそうではないかとでは、犯罪の抑止に大きな差が出ます。

オートロックが付いていない賃貸物件の場合、不審者はあなたの部屋のドア前まで簡単に立ててしまいます。

オートロックがあるからといっても、不審者が宅配業者を装ったり、他の居住者が物件の敷地内に入るタイミングで忍び込んできたりするので、簡単にドアを開けないように注意してください。

 

2-2.カメラ付きインターフォンがない

カメラ付きインターフォンがないという部屋は、ドアスコープを覗いて来訪者を確認するしかないのです。

しかし、ドアスコープというのは狭い視野しか見えず、来訪者が一体どんな人物なのかを見極めることが難しく、不審者をわかりづらいです。

カメラ付きインターフォンがあれば、訪問者の姿、そしてその周辺をしっかり確認することができます。

不審者というのは、オートロックを突破し、部屋のドア前までやってくることもありますから、しっかりと来訪者を確認してから、ドアを開けるかの判断をするようにしましょう。

 

2-3.空室が1階にしかない

1階というのはベランダなどから不審者が侵入する恐れがあるので、決してオススメできません。

一人暮らし女子が住むのであれば、2階以上を選びましょう。

とはいえ、2階に部屋があったとしても雨どいなどをよじ登ってくる不審者もいるので、できれば3階以上の部屋が望ましいと思います。

どんなにいい条件の賃貸物件だったとしても、1階にしか空室がない場合には、他の賃貸マンションやアパートなどの物件を探すことをオススメします。

どうしてもその物件が気に入った、絶対に住みたいと考えているなら、1階以外の空室が出るまで待ってください。その方が賢明だと思います。

 

2-4.駅から自宅までの帰り道が暗い

一人暮らし女子が住む物件は、設備だけではなく、駅から自宅への道も必ず確認しておきましょう。

人通りが少なく、暗い夜道であれば、不審者が闇に紛れている可能性も高いです。

街灯が少しでも少ない暗い道は絶対に避けるべきです。

特に、内見時は夜間にも行うこともオススメします。

できれば夜にも内見に行ってみて、駅から自宅マンションまでの道がその程度明るいかを実際に歩いてみるといいでしょう。

 

2-5.自宅マンションの入口付近に死角がないかを確認

自宅の入口付近に死角があるマンションというのは、不審者にとっては格好の環境になります。

なぜかといえば、不審者は死角のある場所に潜み、一人暮らし女子を待ち構えることができるからです。

周囲を警戒し、オートロックを開けた途端に、死角から不審者が飛び出してきて、マンション内に侵入してくることもあります。

このような事態を防ぐためにも、マンションの入口付近に死角がないかを、内見時に確認しておきましょう。

また自転車置場やゴミ捨て場が死角になっていることがあるので、エントランス周辺の場所もチェックすることもオススメします。

 

3.一人暮らし女子向けの室内設備

3-1.3点ユニットバスはダメです

バスルームとトイレ、洗面所が一体となった3点ユニットバスというのは、一人暮らし女子には向きません。

このようなユニットバスでも、お湯を溜めて、入浴することはできますが、トイレが隣接していて、狭いので非常に浸かりにくいです。

3点ユニットバスの方が家賃が安いのは当たり前なのですが、一人暮らし女子は、一人暮らしの生活を楽しむべきです。

すべてが別々のセパレートタイプを選ぶべきでしょう!

セパレートタイプであればお風呂にゆっくり浸かれ、半身浴などもできるので、ゆっくりと疲れをとることができます。

なおさらセパレートがオススメです。

毎日のお風呂を楽しむことを考えたら、多少家賃が高くなっても、セパレートを選ぶべきです。

後悔はないでしょう。

 

3-2.収納スペースが少ない

収納スペースというものが少ない部屋は、一人暮らし女子には致命的です。

衣装持ちの女子であれば、洋服や物があふれて、部屋がどんどんと狭くなります。

仕事帰りに疲れてしまい、衣類を脱ぎっぱなしにしてしまうと、だんだんと部屋が散らかっていきます。

部屋が一度散らかってしまうと、片付けるのが億劫になり、さらに散らかるという負のスパイラルに陥ります。

衣装持ちの女子には、ウォークインクローゼット付きの部屋がオススメです。

ウォークインクローゼットであれば、たっぷり衣類を収納でき、部屋を散らかすこともなく、部屋を有効利用できます。

また、収納を工夫すると、より一人暮らしが楽しくなってくるでしょう。

 

3-3.湿気が多い部屋は避ける

湿気が多いと室内で、洋服や下着などの洗濯物が乾きにくいからです。

一人暮らし女子としては、防犯のために室内干しするようにしたほうがよいのですが、部屋の換気が悪いとなかなか乾くことがありません。

生乾きになると外出もイヤになるほど臭くなるので、できれば浴室乾燥機付きの部屋がいいと思います。

浴室乾燥機があれば、バスルームの中で洗濯物が乾かせます。

また梅雨の時期でも室内で洗濯物が乾かせるので便利かと思います。

 

4.おわりに

一人暮らし女子が避けた方がいい物件の特徴のまとめはいかがでしたか?

住んでから後悔することになっては、意味がないので上記のポイントはぜひ押さえてください!

防犯や女子が住みやすい物件を妥協せずに選んで見つける、やっぱりこれが一番です!

一人暮らし女子をはじめていくとなると、どんな物件を選べばいいのかわからないものです。

ですから、本コラムを参考に、防犯設備が充実した物件を選んでくださいね。