LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

ネットカフェ難民と呼ばれている人たちが増えていますが、一昔前は男性が多かったのに対して最近は女性のネットカフェ難民が増えてきていることをご存知ですか?

ネットカフェ難民に住む貧困女性の特徴は、仕事があまりなく賃貸住宅を借りることができないような人になるでしょう。

もともと都心などに住んでいる人よりは、地方に住んでいる人のほうがネットカフェを自分の部屋として利用している人が多くなります。

原因は不景気によるものですが、単純にそれだけではなく何か共通したものがあるようです。

 

1.基本的には何日も借りることができる

20代から30代の独身女性の中でネットカフェに住んでいる人の多くは収入が安定しない人です。

どのように住んでいるかといえば、一畳そこらの部屋の中でハンガーなどを壁にかけて洋服の置き場所を確保し、目の前のパソコンところで食事をする生活が続いています。

食事といってもコンビニの弁当を食べることができればかなりぜいたくな方で、多くの人はカップラーメンなどを一つ食べるだけで終わりにしている傾向があるでしょう。そのため、栄養がない食事ばかりが続くため生理が止まってしまっている女性もいます。

結婚適齢期の女性たちがそんな生活を送っていていいはずがありせん。

化粧する時も、狭い一室の中で行い、何とか自分がネットカフェに住んでいるのを悟られないぐらい身なりをととのえて外出することが多いようです。

ネットカフェに宿泊している理由の一つは、1日およそ3000円ほどで宿泊することができるため、ビジネスホテルなどによりも宿泊料金がかからないのが特徴だからです。

また、飲み物も自動販売機が置いてあり無料で飲むことができるだけでなく、漫画も読み放題になります。

パソコンもありますので、暇な時でも退屈することはなくいくらでも情報を手に入れることができるのでそういった面ではかなり快適に過ごせてしまうのも問題です。

シャワー室も設置してあり、無料で使うことができることが多いため、トランク一つ持って行けば完全に生活をすることができ、生活する基盤をいている人が多いのも納得ができるでしょう。

ただ、そんな生活ですので、盗撮などの被害に遭ったことのある女性も少なくないです。

しかし、盗撮されていることに気づいてもなお、そこに住み続ける女性がほとんどだというのです。

彼女たちはネットカフェ難民から抜け出せないのはなぜなのでしょうか。

 

2.収入が不安定で稼ぎが少ない人が圧倒的

20代から30代の若い女性がネットカフェ難民になる理由の一つは、経済的な基盤がないからです。

都心やその近郊などに住んでいる人であれば、いざとなれば実家に帰れば問題ありませんが、地方から出てきた女性などは、なかなか実家に帰るわけにもいかずネットカフェ難民になってしまいます。

仕事は不安定な仕事をしている人がほとんどで、毎月の収入は10万円前後の人が多くなります。

派遣社員として働いており、仕事も毎日あるわけではなく週二日から三日程度あればいい方で、それ以上働くのは容易ではありません。

年齢的にはある程度安定した仕事に就くことができる女性でも、明確な住所が存在しないため就職することができないのがネックになっています。

つまり、ネットカフェに住んでしまっていることで、悪循環を繰り返していることになっていることを本人たちは気が付いていますが、なかなか現状を抜け出すことができません。

ただ、収入を得るためにはインターネットを使って仕事をすることもできますので 貧困からは抜け出すことができるでしょう。

それにもかかわらず、ネットカフェ難民から抜け出せない理由の一つが、調べる方法を知らないことにあります。

つまり、どれだけ有力な情報があったとしても、調べる方法が分からなければ情報は無きに等しく、せっかくの有力な情報も無用の長物と化してしまいます。

また、キャバクラ勤務など水商売の女性もとても多いです。

夜のお仕事ならそこそこ稼げるのでは?と思う方もいるでしょう。

しかし現状は、素晴らしい美貌の持ち主であれば別ですが、ストレスのたまるお仕事ですので、すぐにお店をやめてしまう、体験入店など日払いで違うお店を転々とするというその日暮らしの状態だというのです。

パパに部屋を借りてもらうキャバ嬢なんてのはほんの一部。

さらに、水商売という仕事柄、ホストにはまっていたり、整形がやめられなくなったり、借金があるケースも。

現状は深刻です。

 

3.そんな生活にすっかり慣れてしまった女性たち

最近では女性専用エリアを設ける店舗が増えています。

女性専用エリアには、通常ブースにはない特別待遇があるのです。

インテリアメーカーへ特注したクッションや座椅子、ブース内には鏡やティッシュ、観葉植物などが置かれ、『まるで家にいるような』感覚で過ごせるのです。

通常ブースでもパジャマ姿で歩き回る女性も珍しくなく、かなり脱力した格好で過ごす女性もいる。

そんな「女」を捨てている女性がいる一方で、逆に完全武装の女性もいる。

なにしろ、女性専用ブースには美顔ローラーやヘアアイロンなどの美容家電を無料レンタルしていたり、至れり尽くせりなのです。

入店後すぐにすべての美容家電をレンタルしてパウダールームにこもり、あっという間に髪のセットからメイクまでを済ませているというのです。

どちらの女性も他の男性客は気にもせず生活をしている。

 

4.抜け出すには…

住居がなくインターネットカフェなどに泊まる「ネットカフェ難民」の東京都の実態調査では、ネットカフェ難民の数は1日あたり約4000人にも上るという。

住居がない泊まり客は年代別では30代(38.5%)、50代(27.9%)が上位を占めるとのこと。

住居がない客ら363人に聞き取り調査を実施したところ、1カ月の収入は11万~15万円が46.8%と最多だという。

先ほども述べましたが、年齢的にはある程度安定した仕事に就くことができる女性でも、明確な住所が存在しないため就職することができない状態になっている、つまり、ネットカフェに住んでしまっていることで、悪循環を繰り返していることになっているのです。

本人たちは気が付いていますが、お金もなく住所もないので、なかなか現状を抜け出すことができずにいます。

中には家の更新とかができなくて、敷金・礼金払うお金などもなく、そんな状態から抜け出せない人もいるでしょう。

そんな女性は一度、『水商売の方向け不動産賃貸専門サイト』を検索してみてください。

水商売の方も、水商売でない方でも、親身になって相談にのってくれます。

賃貸の入居審査に受かりにくい水商売の方の審査を通してきたプロが、敷金礼金ナシの物件探しや、保証人を立てられない場合の対応策など教えてくれます。

お店に行かなくてもチャットなどで相談できるサイトもあるので、気軽に問い合わせてみてください。

 

5.まとめ

最近ネットカフェ難民として多くの女性がインターネットも置いてあるインターネットカフェに住んでいます。

わざわざ自宅ではなくインターネットカフェに住んでいるのは、安定した仕事がなく収入が乏しいため賃貸住宅借りることができないからです。

目の前にあるパソコンを使ってインターネットで情報を探すこともできますが、情報の探し方が分からない人も多く、必要な情報を見つけることができないため現状から抜け出すことがない状態が続いています。

ぜひ『水商売の方向け不動産賃貸専門サイト』を検索してみてください。

この記事がネットカフェ難民を脱出する手助けになれば幸いです。