LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

私たちが住んでいる日本といえば、世界で一番治安の良い国であることは一人暮らし女子の読者皆さんもご存知だと思います。

しかし、その日本の中でも、一部治安のよくないエリアというのも存在しますよね?

諸外国と比較すれば、実に小規模で可愛いものなのかもしれませんが、日本国内のことに限れば、十分危険なエリアも少なくありません。

それが地元の人間であれば、「ああ、あそこね」とわかっている人も多いのでしょうが、外から引っ越してきた人にとっては、そのような事実を知る由もありません。

海外であれば、“Danger”などと地図にも記載があり、とてもわかりやすいので一目でわかりますが、日本の中で“危険”と記載があるのは、せいぜい原発や高圧線が立っている電気関係のもの、心霊スポットくらいのものです。

そのような危険な地区は、空気感や住民の雰囲気でなんとなくわかると思うのですが、空気を読む文化が根付いた日本人でもわからないこともあります。

そこで、今回は、簡単に治安が悪い危険なエリアや治安の悪い物件を見分ける方法について解説したいと思います。

 

1.まずは、危険エリアの見分け方

 

1-1.落書きしてあるかどうか

壁や地面などに田銀具などの落書きがある場所というのは、非常に治安が悪い可能性が大です。

単純に考えて、落書きをする人というのはギャング系の不良やヤンキー系の不良が多いですよね。

落書きがそのまま残っているということは、それだけでそのエリアには、地域に根付いた不良が代々いるということです。

さらに、その落書き自体を放置してしまっているということは、それだけそのエリアが治安維持に地域が尽力していないということでもあります。

心理学では、ブロークンウィンドウ(割れ窓)理論と言われるものなんですが、これは落書きや窓ガラスを割れたまま放置すると、このエリアは警察のパトロールの目がゆるく、自分たちの好きにできるということを悪い連中が嗅ぎつけて、集結してしまうという現象があります。

また、そのような景観の悪さというのは、住人たちにも悪影響を及ぼします。

小さなストレスとして溜まり、次第に住人たちの心が荒み、治安がさらに悪化していくというのです。

ですので、落書きや不法投棄などでゴミが散らかっていたリ、街自体が薄汚い場所は治安が悪いと考えて間違いありません。

 

1-2.トイレを借りることすらままならない

公衆トイレそのものやコンビニなどでトイレを貸してくれないエリアに関しても治安が悪い可能性があります。

その理由というのは、どんなに監視カメラを設置したとしても個室トイレの中だけはさすがにカメラは置けません。

海外でもそうなのですが、トイレ内というのは、犯罪の温床になりやすく、治安の悪いエリアではトイレを設置しないようにしているのです。

これの真偽はどうかわからないのですが、コンビニトイレに「ご自由にご利用ください」や「お手洗いの使用はスタッフに一度お声かけください」などと表記がある場合は、これだけでも治安の悪さを判断することができるといいます。

ご自由に…、お声かけくださいとあるコンビニに関しては治安が良く、トイレの使用が禁止or店内にトイレはありませんとなっているエリアは治安が悪い可能性が高いと言われています。

常時禁止になっているようなコンビニに関しては、何らかの犯罪に利用されたことがあるらしく、前科があるトイレとなるので、高危険度のエリアであることがわかります。

トイレが極端に少ないというエリアはそんな秘密があるようなので、旅行や観光のときなどでも注目して観察してみてください。

 

1-3.やたらと物価が安い

一般的なエリアから見ると、異常なほど極端に物価が安価なエリアがあります。

お弁当が100円~200円とか、飲食店の料理なのに200円~300円など、あまりにも安いエリアってありますよね?

そのような場所に関してはほぼ確実に低賃金で働く労働者の多い地区になります。

貧困に喘いでいるために、犯罪に手を染めたり、街中で喧嘩をしている夫婦や中年男性がいるなど、治安が悪い場合が多いです。

適正価格ではない安すぎる弁当屋があるエリアなどは絶対に注意してください。

ちなみに、この弁当や料理ですが、安くて美味しいわけではないので、おかしいことがすぐわかると思います。

 

1-4.自販機や無人ATMがない、また少ない

私たちが住んでいる日本ではあまり考えられないことではあるのですが、治安が悪いエリアに自販機や無人ATMなどを設置すると、機械の中に納まったお金を奪われる可能性があります。

前例でいうと、銀行や無人機にトラックが突っ込んだり、ショベルカーで破壊して、ATMを破壊して、盗みを図る連中がいたりします。

機械を壊されて、中の現金も奪われると、被害額がとんでもない金額になってしまうので、わざわざ治安の悪いエリアにこのようなものを置くことはしません。

やたら自販機が少ない、無人ATMがない場所は治安が悪く、一人暮らし女子が住むところではないのかもしれませんね。

 

1-5.暗くて人気のない場所が多い

ベタですが、暗くて人気のない所が多いエリアというのは、不良やたちの悪い連中が集まりやすい場所です。

危険な場所は、夜の埠頭、夜の公園など広く土地を利用できる郊外が多いです。

そういったところは、人気がなく、暗く違法改造のバイクや自動車なども溜まりやすいです。

さらに、そのような場所は、わかりやすく指定しやすいことから違法品の密輸入や取引、麻薬売買など犯罪の香りがプンプンと漂っています。

郊外の土地の利用ができないところは、警察の目も行き届かない場所ですし、さらに幽霊やオバケなどのオカルト的な危険度も高いので、さまざまな意味で夜は近寄るべきではありませんし、住まない方が賢明でしょう。

 

1-6.生活保護世帯が多い

治安の悪い地域というのは生活レベルが低く、犯罪を起こしやすい人間たちが非常に多いです。

物取りや婦女暴行など本当に短絡的な犯罪がかなり多いといわれています。

この生活保護世帯の数字についてですが、各自治体で集計が出ているので、チェックすることは簡単です。

老人の受給者が多いと思われがちですが、不正受給者も非常に多いので、やはり犯罪に結びつきます。

気をつけましょう。

 

2.治安の悪い地区の見分け方を知っておく

あなたも注意深く観察していると意外とわかる治安の悪いエリア。

「ここってATMが少ないな~」と思っていると、トイレもあまりないなどと気が付いたりすることもあるので、いくつもの特徴が重なっているエリアと分かった場合は、速やかに引越しする賃貸物件からは除外した方がいいでしょう。