LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

一人暮らしの女性が実行するべき防犯対策を紹介します!

絶対に避けるべきNG行動や、防犯性に優れたお部屋の特徴も紹介!

表札に残されているマーキングについてや、おすすめの防犯対策グッズ、女性を狙った犯罪件数についてもあわせて解説します!

 

一人暮らしの女性が実行すべき防犯対策

安心できる環境で一人暮らしを始めても、住み始めてから防犯対策を疎かにしてしまうと、被害に遭うリスクを下げられません。

自分の身を守るためにも、以下で紹介する防犯対策を参考に実践してみてください。

 

訪問者はインターホンでしっかり確認

訪問者が来たら、インターホンで要件を確認してからオートロックを解除して、玄関ドアを開けるようにしましょう。

また、メーターの点検や宅配業者などを装っている場合があるので注意が必要です。

基本的にメーターの点検は、事前の連絡無しに訪問することはありません。

宅配便は誰からの荷物なのかを確認するか、時間を指定して指定時間以外のインターホンには出ないようにしましょう。

また、ドアの覗き穴から特殊なスコープで部屋の中を覗かれる危険性があります。

覗き穴はビニールテープやドアスコープカバーで目隠しをするようにしましょう。

 

洗濯物はなるべく室内に干す

洗濯物は女性が一人で住んでいると分かりやすいアイテムです。

干してるものを見れば女性だとすぐに分かり、狙われる危険性が高まります。

天気が良くても、洗濯ものはなるべく室内に干すようにしましょう。

どうしても外に干したいという人は、男性物を一緒に干すのがオススメです。

ただ、男性物を干す場合はパンツやシャツを何枚も用意する必要があります。

不審者は狙いを定めるために何度も下見に来るので、毎日同じ服が干してあると、実際に男性が住んでいないことがバレてしまいます。

 

同居人がいるかのように振る舞う

例えば、行ってきますやただいまを言うことで、他に人が住んでいると思わせることができます。

どちらも玄関を開けた瞬間に言いましょう。

玄関を開けた瞬間であれば外に声が聞こえるので効果的です。

また、コンビニやスーパーではおはしを2膳もらうことで、誰かと暮らしているとアピールできます。

他にも、カーテンをピンクや花柄など女性らしいものではなく、グレーやブラウンなどシンプルで暗い色にしておくと、女性の一人暮らしということがバレにくいです。

 

できるだけ違うルートで帰宅する

会社や学校から帰宅するルートは、日によってできるだけ変えるべきです。

帰宅時間や帰宅ルートがいつも一緒だと、家を特定されたり、ストーカーの標的にされたりしやすいです。

ただ、無理に遠回りして暗い小道に入ってしまうと危険です。

あくまで明るく人目に付きやすい道を歩きながら、ルートを変えられるよう工夫しましょう。

 

エレベーターは1人で乗る

エレベーターは密室で助けてくれる人がいない危険な場所なので、極力1人で乗るようにしましょう。

とくに、男性と2人きりで乗るのは絶対に避けましょう。

乗る前に周りに人がいないことを確認してから乗る、誰かと一緒になりそうであれば、ポストを見忘れたことにしてエントランスに戻るなど工夫すると良いです。

 

防犯性の高い鍵に交換する

ピッキングされにくい、防犯性の高い鍵に交換しましょう。

防犯性の高い鍵は交換費用がかさみますが、安心を買うという意味なら納得の金額です。

下の表の一番右側のディンプルシリンダーキーがオススメです。

鍵の防犯対策順リスト

鍵の種類ごとの交換費用について詳しくはこちら

 

公共料金を支払うコンビニをたまに変える

いつも同じコンビニで支払いをしていると、近くで一人暮らしをしていることに気づかれやすいです。

また、こっそり支払い表を覗きこまれて、名前を知られたりする可能性があります。

また、公共料金の支払を口座引き落としに変更するのも、有効な防犯対策です。

誰かに見られることがないので、一人暮らしをしていると気づかれません。

 

一人暮らしの女性のNG行動6つ

女性が一人暮らしをするうえで、絶対に避けるべき・やめるべきことを、実際に怖い思いをしてしまった人の体験談と一緒に紹介します。

普段何気なくやってしまう行動が、危険な目に遭うことにつながってしまうことがあるので、紹介する内容をしっかり確認しておきましょう。

 

①ドアを開けたままにする

必ず帰宅したらすぐにドアを閉めて鍵をかけましょう。

そして、アームロックやチェーンも必ずかけましょう。

ドアを閉めずに靴を脱いだり、荷物を置いたりしていると、注意力がなくなっている一瞬を狙われます。

玄関を開ける前に、周りに人がいないか確認することも大切です。

また、玄関のドアだけでなく、ベランダ側の窓も睡眠の際は必ず鍵を閉めましょう。

一瞬で血の気が引いた

防犯と思って電話をしながら帰宅していたら、家に着いてすぐ鍵かけるのを忘れてました。

そのまま、トイレやお風呂を済ませているときに「あれ?」と思って、鍵を見に行くと案の定鍵は開けっ放しでした。

部屋を見るとありとあらゆる棚が荒らされていて、その日は怖くて眠れませんでした。(20代/女性)

 

②走りにくい靴をはく・露出の多い服を着ない

毎日、ヒールなどの走りにくい靴を履いていると、いざというときに逃げられません。

事前に帰りが遅くなることがわかっているときは、走りやすい靴を履くようにすると良いです。

また、露出が多い服ばかり着るのもやめましょう。

相手を刺激して、狙われる可能性が高くなります。

今思い出しただけでも怖い

仕事の残業で深夜の帰宅になってしまいましたが、いつもの帰宅路なので、とくに何も考えずに帰宅していました。

街灯が少ない通りに入ると、後ろの人から「カシャ!」というシャッター音が何回もなり続け、チラッと振り返るとニヤニヤしながら、私の写真を撮っていました。

慌てて近くのコンビニに駆けつけ、彼氏に電話して迎えに来てもらいました。(30代/女性)

 

③酔ったまま帰宅する

酔っていると注意力や判断力が鈍るので、不審者に狙われやすいです。

飲み会に参加した後は、必ず酔いを醒ましてから帰るか、タクシーを利用しましょう。

最寄りの駅ではなく、飲み会が開かれた場所の周辺で酔いを醒ましたほうが、自宅を特定される可能性が低くなります。

もうお酒は控えようと決意

会社の飲み会で、酔っ払ってしまった状態でお開きになったので、そのまま帰宅。フラフラしながら帰宅していると、いきなり知らないおじさんが肩に手を回してきて「危ないよ~」と言ってきました。

慌てて叫ぶと逃げていきましたが、あの日以来お酒は控えようと決意しました。(30代/女性)

 

④夜道を「ながら歩き」する

スマホをいじりながら歩いたり、イヤホンで音楽を聴きながら歩いたりすると、注意力が散漫になるのでやめましょう。

とくに、夜道では背後に人が近づいて来ても気づかない可能性があります。

不審者からも注意力がないと思われ、狙われやすくなります。

イヤホンのトラウマ

普段からイヤホンで音楽を聞きながら帰っていたのですが、ある日いつもより遅い時間に帰宅していると、背後からいきなり抱き着かれました。

叫びながら暴れると解放されたので、そのすきにダッシュで帰宅しました。

イヤホンのせいで、全く気付かなかったので、本当に怖かったです。(20代/女性)

 

⑤フルネームで表札を出す

表札はフルネームで絶対に出さないようにしましょう。

手書きの表札も絶対にやめましょう。

フルネームを見れば居住者が女性だとすぐに分かりますし、手書きは文字で女性だと判断されやすいです。

表札は出さなくても郵便物や宅配物は届くので、住んでいるアパートやマンションに表札を出す決まりがなければ、あえて表札を出す必要はありません。

もし表札を出すのであれば、印刷した名字だけのものにしましょう。

名前を知られている恐怖…

表札を不用意に出していた私が悪いと言えば悪いんですが、深夜、家にいるときに急にインターホンが鳴って「〇〇さん!〇〇さんいますよね!」と本名を叫ばれました…。

得体の知れない人に自分の名前を知られている、という恐怖は味わってみないと分かりません…。(30代/女性)

 

⑥ポストに郵便物をため込む

ポストに郵便物をためていると、個人情報を盗まれる危険性があります。

さらに、あふれるほどたまっていると長期外出していると思われ、空き巣の標的にされる危険もあります。

ポストは毎日確認するか、鍵をかけておくようにしましょう。

郵便物を処理する際は、個人情報が漏れないように、シュレッダーやハサミで細かくちぎって捨てると良いです。

知らない人から謎の宅配

投函口から個人情報が抜き取られていたみたいで、連日知らない人から女性ものの下着や制服が届いて、とても怖い思いをしました。

さすがに引っ越しましたが、それからは毎日のポストチェックが欠かせません。(30代/女性)