LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

女子の誰もが憧れる一人暮らし…でも、いざ本当に一人暮らしをするのかと考えはじめると、

「生活費はどのくらいかかるのか…」

「親元を離れてホームシックにならないか…」

「一人で暮らすのって淋しいんじゃないの?」

「実家で小言を言われても、ガマンすれば居心地はいいし…どうしよう…」

とちょっぴり悩んでしまいませんか?

 

一人暮らし女子の出費に関すること、どのくらい自由な時間があるのか、毎日行う家事の時間などなど。

一人暮らしというのは、メリットがある一方でデメリットがあるのも事実なんです。

今回は、一人暮らしの利点や欠点を、今あなたが身を置いている実家暮らしと比較しながら紹介していきたいと思います。

 

1.一人暮らし女子のメリットってなに?

1-1.親にも誰にも干渉されない自由がある

一人暮らしした女子の誰もが口を揃えて言う最大のメリットが“自由”を手に入れられること。

一人暮らしに憧れている女子のほとんどが、この自由な生活を求めているのではないでしょうか。

実家暮らしの現在の生活を振り返ってみましょう。

起床時間や食事の時間、入浴時間、就寝時間、夕食のメニュー、テレビのチャンネルなどなど、生活していく上でのあらゆるリズムが自分の家族によって制限されます。

 

1-2.学校への通学や会社への通勤が非常に楽になる

進学や就職を機に一人暮らしをはじめる女子は非常に多くいますよね。

このような場合、実家通いよりも住む賃貸物件を選べば通学や通勤時間が大きく短縮できるのも事実です。

特に体力を使う仕事やパソコンとにらめっこの座り仕事をしているなら、このちょっとした時間短縮が日々の疲労の軽減にもつながることになります。

 

1-3.自宅に気軽に友人を呼べる

友人を呼ぶには気がとがめる実家暮らしと比べ、一人暮らしをすると何も気にせずに友人を好きなときに呼ぶことができます。

鍋パーティーやたこ焼きパーティー、飲み会などを自宅で行うことができますし、とにかく自由。

友人に帰ってもらう時間を気にする必要もなく、気兼ねすることなく、友達や彼氏、彼女と存分に遊べるでしょう。

 

2.実家暮らし女子のメリットって?

2-1.自分が自由に使えるお金が多くなる

実家暮らし女子はあまり実感がないのかもしれませんが、一人暮らし女子の生活に比べると、あきらかに自由に自分のために使えるお金が多いんです。

特にお金がかかる趣味(洋服やエステ、資格取得、マナー取得など)を持っている女子や学校に通学していて、授業料や奨学金を自分で出しているのなら、実家暮らしのお金の面のことは大きなメリットになります。

 

2-2.防犯面でかなり安心できる

実家暮らし女子は防犯面のこともあまり意識したことがないのではないでしょうか?

なぜなら、あなたが自宅を留守にしていたとしても、お父さんやお母さん、兄弟など他の人間が家にいることが多いためです。

誰かが守ってくれるというのは心強いですし、犯罪に巻き込まれることも確率が低くなります。

特に女子は、実家暮らしは一人暮らしに比べると安心感が違いますよね。

 

3.一人暮らし女子のデメリットって?

3-1.自由に使えるお金がかなり少ない

女子が一人暮らしをするとなると、家賃や食費、光熱費など実家暮らしでは想像もしなかった出費がかさみ、それが負担となります。

親からの仕送りでマイナス分を補って一人暮らしをしている女子も多いですが、それでもやっぱり実家暮らしの頃と比べ、自分の趣味のために使いたい自由なお金が減ることは確かです。

 

3-2.料理や掃除などの家事に一苦労

家事が好き、料理が好き、洗濯が好きという女子も多いので一概に言えませんが、実家暮らしのときにはいつも親御さんがやってくれていたような家事も自分でやらなくてはいけません。

金銭的な不安などは親から仕送りで解決できるのですが、家事は自分でやるしかないので、実家暮らしのときには何ひとつやってこなかった箱入り娘は特に大変だと思います。

 

4.実家暮らし女子のデメリットって?

4-1.金銭的、精神的な自立ができない

実家暮らし女子はどうしても普段から両親に頼りがちになってしまいます。

いくら外に出てしっかりと働き、お金を家に入れていたとしても、結局は家事の大部分を親にやってもらっているケースがほとんどでしょう。

どんなに実家暮らし女子が「実家にはちゃんとお金は入れているし、自分の家事くらいは自分でやる!」と意気込んだとしても、母親や父親がやってくれてることもしばしばです。

そのような環境のままでは、自立することは難しいと言えるでしょう。

 

4-2.家族に干渉される

実家暮らしをしていればわかると思うのですが、父親や母親など家族に干渉されることもかなり多いですよね。

幼少期まではよかったのですが、年齢を重ねていけばいくほど、周囲の同世代の友人が一人暮らしをして自由になればなるほど、家族からの自分の生活への干渉が疎ましくなってきてしまいます。

女子は、帰宅時間が遅いとか、誰と付き合っているとか、ちゃんと家でご飯を食べろとか、そんなことを言われ続けると、逃げ出したい気持ちになるものです。

 

5.両者の時間の利用法と金銭感覚の違いを比べてみよう

一人暮らし女子と実家暮らし女子の違いを綴ればキリがないのですが、その中で明らかに違うことは“時間の利用法”と“金銭感覚”の2つのポイントを比べてみましょう。

 

5-1.時間の利用法

一人暮らし女子は、掃除や洗濯などの家事や料理をする時間がどうしても増えてしまいます。

想像するよりも自由に使える時間が非常に少ないと思います。

ですが、どの時間にどんなことをするのか…に関しては自分自身の自由です。

実家暮らし女子は、両親が代わりに家事や料理をしてくれるために、自由に使える時間は無限大。

でも、食事の時間やお風呂の時間などは、集団生活ですから制限されます。

そういう意味では面倒なことが多いでしょう。

ですが、一人暮らしをすると、自分ですべてのことをやらなければならないので、その分時間の使い方が器用になるでしょう。

 

5-2.金銭感覚

実家暮らし女子よりも、一人暮らし女子の方が金銭感覚を身につけやすく、しっかり者になれるのは、事実です。

一人暮らし女子は、毎月の家賃や携帯代、光熱費などをやりくりをしないといけないですし、誰もそれをやってくれません。

実家暮らし女子は、手元のお金がほとんどなくなるほど自由に使え、危機感などは身につきません。

それは、お金を使い込んでも、住む家や食事が摂れなくなるなどということがないからです。

 

6.まとめ

一人暮らし女子と実家暮らし女子、どちらにもメリットとデメリットがありますし、どちらが幸せな毎日とも言えません。

どちらも幸せだと思います。

ただ一人暮らし女子になれば、実家暮らしにはない、上手い時間の利用の仕方や自分のチカラで生きていくための金銭感覚、自立する気持ちを養えることは事実なんです。

もしあなたに貯金や資金的なゆとりがあるのなら、今後の人生を生きていくにあたって、大切な経験にもなる一人暮らしをオススメします。

今の自分の現状をみつめて、本当に一人暮らしができるのかをしっかりと確認をして、新生活に臨んでみましょう!