LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

キャバクラで働くのは一見華やかに見えるお仕事ですが、実際にはかなりハードでストレスのたまるお仕事です。

そのせいか、ペットを飼うキャバ嬢も多く、仕事の疲れやストレスをペットに癒してもらっているんです。

ペットは犬や猫に限らず、鳥類や爬虫類などさまざまです。

ペットを飼っていると困るのが、引っ越しする際のペット可物件探しです。

ニーズの高いペット可賃貸物件ですが、まだまだペット飼育が不可の賃貸物件が多いのも事実。

これだけニーズが高いのに、どうしてペット不可の賃貸物件があるのでしょうか?

またペット可の賃貸物件でペットを飼えば、メリットは多いように思われますが、思わるトラブルに巻き込まれることもあるようです。

 

1.ペット飼育不可の理由

なぜ、このペットを飼う人が多い現在でもペット飼育不可という条件の賃貸物件が多いのでしょうか。

 

1-1.室内設備や内装の痛みが激しい

ペット不可の理由として多く挙げられるのが、室内設備やフローリングやクロスといった内装の損傷です。

犬や猫などは爪が直接床に当たるため、ペットを飼っていないお家と比べるとどうしても床や壁の汚れや傷が目立ちます。

もちろん飼い主さんは定期的に爪を切ってあげていると思いますが、それでも部屋は傷んでしまいます。

猫なら、壁や柱で爪とぎをしてしまうことも。

他にも、トイレが上手くなくフローリングや畳におしっこをしてしまうケースもあります。

大家さんにとって、賃貸物件は不動産収入を得るための大切な財産なのです。

それを傷つけられてはやはり困りますよね。

 

1-2.マンションの住人が動物好きとは限らない

動物は可愛いですが、他の住人の方も自分と同じようにペットを飼っている、動物好きとは限りません。

また動物好きだったとしても、アレルギーを持っている方もいます。

アレルギー反応は、一度起きてしまうと症状が治まるまで何時間も苦しいだけでなく、時には命の危機に繋がることもあります。

実際、動物アレルギーを持っていてペット飼育不可の賃貸物件に住んでいる方が、無断でペットを飼っている方のマナー違反に悩むケースも少なくありません。

そうした方を守るためにも、ペット飼育不可の賃貸物件はあるのです。

動物アレルギーがなくてペットを飼っている方の中で、他の入居者に迷惑をかけるのは鳴き声やにおいだけだと思ってはいけません。

知らず知らずのうちに誰かの命を危機に晒している可能性もあるのです。

トラブルの可能性を回避するためにペット可物件はオーナーから嫌煙されるのです。

 

2.ペット不可の賃貸物件でペットを飼ったらどうなる?

ペット不可の賃貸物件がある理由をお話しましたが、ペット不可と知りながらもこっそり飼っている方は意外といるんです。

そうした方々は「姿が見えなかったり、鳴き声が漏れなければ大丈夫だろう」と軽く考えがちですが、それは大きな間違いです。

最近どこかの部屋から動物の鳴き声が聞こえる、エレベーターに乗ると動物のにおいがする、共有部分ですれ違った人がペット用ケージのような物を持っていたなど。

ご近所付き合いが希薄な現代ではありますが、意外と隣人は見ていないようで結構見ているものです。

そしてこのことが管理会社やオーナーさんに伝われば、当然契約違反なので退去を迫られる可能性が高いです。

もちろん、その場合は敷金は返ってこないどころか、敷金だけでは足りない室内の修繕や消臭のための費用を請求されたり、隣人に迷惑をかけてしまった場合は、その損害賠償も請求される可能性が十分あるのです。

その額は様々ですが、時には契約時に支払った金額以上の額を請求されたという例もあるので予期せぬ大きな出費となります。

仮に上手くペットの存在が外に漏れることなく過ごしたとしても、引っ越しの際、引き渡しの立ち会いで管理会社の方が室内の様子を見ると確実にばれてしまいます。

「ペットなんて飼っていません」というウソはすぐにバレてしまいます。

ちなみに、ペット飼育不可の賃貸物件でペットを飼ったことに対して訴えをおこされた場合、違反した借主が勝てる見込みはまずありませんので、知っておきましょう。

ルール違反と知りながら無断でペットを飼うというのはデメリットしかないのです。

よく使われる言い訳で「知り合いに頼まれて、少しの間だけ仕方なく預かっている」という事を言う方がいますが、どんな理由であれ契約違反に変わりはありません。

借主の身勝手な行動でトラブルを起こすことがないように、ルールはきちんと守りましょう。

 

3.ペット可物件で起きうるトラブルとは?

・隣の犬がうるさい!

しつけのなってない無駄吠えの多い犬を飼っている人が隣人になったら大変です。

うるさくて日常生活に支障をきたします。飼い主が留守の時に淋しくて吠えるなんてのはこれまた大変です。

飼い主が隣人に迷惑をかけていると気づいてない場合が多く、問題が重症化しやすいです。

・共用スペースで排泄

外出時に飼っている犬が、マンションの共有スペースであるエレベーターの中でおしっこをしてしまい、住人から苦情が来たというケースもあります。

エレベーターはマンションの共有スペースの中でも匂いがこもりやすく一度起こってしまうと後始末が大変です。

また、犬はマーキングをする習性があるため、繰り返し同じところで排泄しないように十分気を付ける必要があります。

・人に飛びかかる!噛む!

最も大事になりやすいトラブルがこちらです。

マンションのエレベーターや廊下で、隣人とすれ違いざまに飛びかかったり噛みついたりしてしまうことがあります。

時には相手に大怪我をさせてしまう場合もあり、特に大型犬を飼っている方は注意が必要です。

普段はそんなことしない犬でも何かの拍子で相手に飛びかかってしまった場合、大型犬は体格が大きく体力もあるので、リードを引っ張って制止しようとしても防ぎきれないことも十分にあります。

お子さんや年配の方がお散歩に連れて行こうとしている時は、制止するどころかリードを離してしまったり、リードごと犬に引っ張られて飼い主の方まで怪我をしてしまうケースもあります。

・もし飼い犬が噛みついてしまったら

まずは謝り病院での治療を最優先に受けてもらいましょう。

続いて、飼い主の方が行うべき忘れてはいけないことは、保健所への連絡です。

各自治体では、ペットを飼うことについての条例が定められており、ペットが第三者に危害を加えて怪我をさせた場合について規定しています。

この保健所への連絡は義務付けている自治体がほとんどですので怠ったりするとトラブルが拡大する恐れがあります。

その後は飼い犬を動物病院に連れて行き、事故の経緯を説明して獣医さんに診断してもらいましょう。

後日、必要書類を揃えて話し合いを行い解決しましょう。

 

4.人それぞれでペット可物件に対する考えや許容範囲は異なるので、まずはルールをきちんと守ることが大切です。

「ただのペットではなく、家族」という考えが広まっている現代だからこそ、注意深くなる必要があるのです。

ルールを守ることで、きちんとしたしつけをし、日ごろから隣人とコミュニケーションをとることで、飼い主の方もペットもより快適で楽しい毎日を送ることができるでしょう。