LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

キャバ嬢として賃貸物件を探すことってなかなか大変なことです。

なんでも話せる信頼できる営業マンだと、相談事や困りごとにも対応してくれます。

不動産会社を選ぶことってすごく重要なんですよね!

賃貸物件を探すことでも、いい不動産会社の方がいい。

まずは物件探しよりも、あなたが信頼できる不動産会社探しからスタートしていきましょう!

さらに、ここでは良い不動産会社と悪質な不動産会社を見極めるコツもお教えしますよ!

キャバ嬢としてしっかりと稼ぎたいなら、安心して住めるマンションやアパートを早く見つけたいもの。

しっかりと読んでもらって、お部屋探しの参考にしてください。

 

1.不動産のタイプってどんなものがあるの?

 

1-1.不動産会社のタイプは大きく分類すると3つ

タイプを分類すると、CMなどでも有名な全国で展開している大手の不動産会社、地元密着でしっかりとした基盤を持つ不動産会社、家族経営しながら細々と営業している不動産会社の3つです。

どのタイプの不動産会社が優秀で、どれが悪いということはまったくありませんが、タイプによって、特性と言いますか、特徴があります。

ではそれを解説していきたいと思います。

 

1-2.CMなどでも有名な全国展開している大手不動産会社

テレビCMなどもやっていて、数々のチェーン店を持っている知名度が高い不動産会社だと何かと安心っていう感覚があると思います。

どんな物件でも揃っているので、キャバ嬢などのナイトワークをしている自分でも住むことができる物件が必ず見つかるはず。

ですが、FC展開というのは、逆になかなか優良な店舗を探すのが難しいいうことはあまり知られていません。

例を挙げると、エイブルやアパマンショップ、センチュリー21、ミニミニなどは、看板こそはその名称ですが、実際に運営しているのは、地元企業というパターンが多いです。

全国展開しているのは、自社でアパート、マンション建設までを一手に引き受けているレオパレスや大東建託などでしょうか。

大手の看板を掲げるとその知名度の高さで、多くの賃貸物件が集まってきます。

ですから、豊富な物件から選びたいというキャバ嬢のあなたにはオススメですね。

 

1-3.地元密着でしっかりとした基盤を持つ不動産会社

地方都市やその街へ行ってみると、そのエリア密着の有名な不動産会社のひとつやふたつはあるはず。

仲介する物件の数も非常に多く、信頼されている地元企業なので安心できることは間違いありません。

東京や大阪、名古屋、京都、福岡などでも実力のある不動産会社は幅を利かせているので、キャバ嬢の自分が住める物件がきっと見つかるはずですよね。

ただ、キャバ嬢であるあなたの他にも数多くの顧客を抱えている可能性があるので、掘り出しものの賃貸物件を探し出すのは少しばかり難しいのかもしれません。

管理している物件数も多く、知名度も高く、地元企業という安心を優先的に考えるのであれば、こういったタイプの不動産会社をオススメします。

 

1-4.家族経営しながら細々と営業している不動産会社

どんな街角にも経営者がひとりで営業していたり、息子を二代目として、妻に経理を任せ、息子の嫁に事務作業をさせている家族だけで経営しているような小規模の不動産会社もあります。

このような小規模な不動産会社には、非常に稀少な掘り出し物件が眠っていたり、親身になって物件探しをしてくれたりするので、そこそこはオススメです。

しかし、夜の街で活躍するキャバ嬢など若い女性向きの物件やデザイナーズ物件などはあまり扱っていないので、その不動産会社だけに絞り、自分の住みたい物件を探すことはあまりよい判断ではないと思います。

 

1-5.番外編

この他にも、キャバクラなどで働く女性やスタッフさんに特化した、保証人なしの物件を紹介してくれる不動産会社も存在します。

一声かけただけで、希望のエリアにあるアパートやマンションを紹介してもらえるので、楽々部屋が探せるという利点があります。

 

2.不動産会社にも得意なこと、不得意な分野がある

これもキャバ嬢であるあなたに知っていてもらいたいことなんですが、不動産会社にも得意分野とあまり得意ではない分野があります。

掲げている看板としては『○○不動産』なので一目見るとすべてが不動産会社に見えますが、賃貸についての業務が得意な不動産会社もあれば、物件の売買が得意な不動産会社もあるということになります。

できれば、賃貸物件に強いという業者さんを探し当てて、キャバ嬢でもしっかりと審査が通るマンションやアパートを見つけたいものですよね。

 

2-1.まずはホームページをじっくりと閲覧しよう

これは、言ってみれば、病院と同じです。名称は病院ですが、消化器系や呼吸器に強い内科、整形系に強い外科、手術に強い外科などがあるのと同じように、不動産会社にも専門的な部分があります。

言いたいことはつまり、いかに賃貸の分野に強い不動産会社を探し出すかが大切かということです。

それでは、まずは気になった不動産会社の公式のホームページを見てみてください。

賃貸が得意であればページの大多数に賃貸物件が紹介されています。

売買が専門であれば、売買物件が数多く紹介されています。

割合としての黄金率は、賃貸が8割、売買2割くらいであれば、賃貸と売買物件のどちらもバランスよく扱っている不動産会社になります。

一番いいのは、ホームページ上で賃貸物件の紹介が9割以上あるところが好ましいかと思います。

 

3.営業許可番号でその不動産会社の信頼度が見える

不動産営業は必ず営業の許可を申請して、取得しなければいけません。

これで、その許可が出ているという証拠になるのが、“免許番号”です。

 

3-1.不動産営業免許は2種類

不動産会社の免許制度には【国土交通大臣免許】【都道府県知事免許】の2種があり、このふたつの番号が交付されます。

都道府県知事免許よりも国土交通大臣免許の方が信頼性が高いということはありません。

この違いというのは、交付を受けた不動産会社が他府県をまたぎ、営業展開しているかどうかの違いなだけです。

例として言うならば、滋賀県に不動産会社の本店があり、京都府に支店があるような場合であれば【国土交通大臣免許】取得の必要性があり、本店と支店の2店舗ともに同じ県内にあるという場合は【都道府県知事免許】だけで営業する許可が下りるという違いです。

 

3-2.注目するのは免許番号です

そして絶対に注目してほしいポイントが“免許番号”にあります。

例えていうならば【東京都知事(4)54321 ○○不動産】という番号が記載してあれば、注目するポイントは()内の数字。

今回は(4)ですが、この数字というのは、免許を4回更新したということです。

もっと深く説明すると、免許更新は5年に1回なので、(4)という数字が記載されているということは、3回の更新をしているので、15年以上も安定した経営をしている実績を物語っていることになります。

逆にこの番号が(1)の不動産会社は、営業をはじめて、まだ5年未満ということです。

まだまだ生まれたての会社だということで、信頼度が変わってきますよね。

信頼できる会社というのは、おのずと、数字が多く、長年安定して運営されている不動産会社だということなんですね。