LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

これから引っ越ししたいと思っているキャバ嬢の方必読です!

賃貸物件探しをして何度か引越しをしたことのあるキャバ嬢の方は、不動産屋さんを利用する際あることにうすうす気づいていると思います。

どこの不動産屋さんでも、なんだか同じようなことを言われ「早く決めないと!」や「こんないい物件他にないかも…。」と思ってしまうことがありますよね。

実はある程度、不動産屋さんのセールストークはパターン化されているんですね。

わかりやすいのは、新人の営業マンが担当になった時ですね。マニュアル通りといったところでしょう。

ただし、「上京したい」や「実家から出たい」と初めてのお部屋探しとなるとベテランだろうが新人だろうが、セールストークにのせられて、「その場の流れで部屋を決めてしまった」「あとから冷静になってみると自分の希望とズレている」「やっぱりもう少し他の物件も見たかった」なんて後から後悔する人も少なくありません。

では、そうならない為にはどうしたらいいのでしょう。

接客のプロであるキャバ嬢のあなたなら、ポイントさえ押さえれば、あなたにピッタリの素敵なお部屋が見つかるでしょう。

良く言われるセールストークごとに、不動産屋さんの本心とその対策を紹介しますのでぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

 

1.「この物件すごく人気なので、明日にはもう他の方が決めてしまっているかもしれませんよ。」

まぁなんとも古典的な昔ながらの方法ですが、あなたを焦らせて「今決めちゃわないと誰かに取られちゃう!」という心理が働くよう誘導しているわけですね。

まぁ本当に引越しをすると毎回必ずといっていいほど言われます。

この部屋が、本当に大人気の物件という時もありますが、そうではなく、ただ早く決めてほしくて言っている場合もあるということです。

お決まりトークですので、ホントに毎回毎回そうなの?と思わざるを得ないですよね。

オーナーから広告料をたくさんもらっていて早く成約をもらわなければという物件ということも考えられます。

本当にあなたの理想通りの物件だということがしっかり確認できたのなら契約しても良いと思いますが、一件目であったり、数件しか物件を見ていない状態で結論を早める必要はないでしょう。

さらにオススメされてる物件が「まぁ悪くないな。」程度であれば、全く焦る必要はありません。

物件選びは必ず「あなたのペース」で進めることが肝心です。

不動産屋さんの営業マンのペースにのせられてはいけません。

キャバクラでお客さんと話す際に、相手のペースになってはいけないのと同じです。

本心は「めっちゃいい部屋!」と思っていても、「う~ん。ちょっとイメージと違うなぁ。」とつぶやけば、もっといい部屋を紹介しないと決めてもらえないかな、と営業マンは考えだします。

良い物件は早く決まるというのはたしかにその通りではあるのですが、良い物件というのは決して1つではないのです。

そして、良い物件だと思うポイントは人それぞれです。

同じ物件をAさんはとっても気に入っても、Bさんのライフスタイルには合わないということもあるということです。

あなたにぴったり合う物件を焦らずじっくりと探しましょう。

 

2.「この部屋とってもオススメです!私のイチオシ物件なんですよ!」

お部屋探しのプロである不動産屋さんに「オススメですよ!」「なかなかこの値段でないですよ~。」と言われたら良い物件な気がしてきてしまいます。

しかし、そこでちょっと待って下さい!

オススメと言われても、不動産屋さんが思うオススメなだけであって、あなたにとってのオススメかどうかはわからないというところに気付きましょう。

例えば、不動産屋さんにとっては、1000年に一度でるかでないかの神物件だったとしましょう。
「このリッチでこの間取りでこの値段はないです!オススメです!」と言われたとしましょう。

「いい部屋!」とあなたは思うでしょうが、よくよく考えると、「住みたいエリアじゃない。」なんてことが、だいぶ大げさに書きましたが、あるということなのです。

「狭い部屋だけど家賃が安い」

「駅近だから多少家賃が高くてもお買い得」

など、不動産屋さんの目線でのオススメである場合も多いので、しっかりと「自分にとってのオススメポイント」なのか考えるようにしましょう。

 

3.壁をコンコンと叩きながら「あ、このマンションは防音しっかりしてますねー!」

いかにもプロっぽく壁を叩きながら、「ここのマンションは壁が厚くていいですね!」というのはカンペキにただのパフォーマンスです。

たしかに木造よりもコンクリート造の場合は叩くと硬い音がするので、いかにも防音性が高そうに聞こえます。

しかし、防音性はじっさいに住んでみないとわかりません。

逆に言うと、こういうパフォーマンスをする不動産屋さんは信用ならないということでもあります。

 

4.「引越しはいつまででにする感じですか?」

これは、期限を聞くことであなたの焦りがどれくらいなのか知るためです。

例えば、あなたの引越しはすぐにしなければいけない!という場合は、多少強引なセールストークをしても大丈夫かな、と思われてしまうこともあります。

「良い物件があったらすぐにでも引っ越すんですけど、いいのがなかったらしばらく探しますねー」と余裕の笑みを見せながら答えておきましょう。

 

5.「どこの不動産屋も同じですからねー」

これもよく言われるセリフです。

たしかに大手不動産屋は、物件の情報を共有しているので同じ物件を紹介されることもあります。

しかし、不動産屋の営業マンによって、紹介しようする物件の選び方はまったく違います。

ですので、こう言われてもかならず複数の不動産屋さんに行きましょう。

部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです。

ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。

SUUMOとかHOME’Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、自分で探したい人には業者専用のサイトも見せてくれるんです。

僕みたいに外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。