LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

女性が働く高収入の仕事の筆頭がキャバクラですよね。

キャバクラで働く女性をキャバ嬢と言いますが、普通の人でも働ける時給が高い女性の仕事で真っ先にイメージするのがキャバ嬢かもしれません。

数年前、女子中高生のなりたい職業として頻繁に名前が挙がっていたのも「キャバクラ嬢」です。

華やかなドレスと大人の社交場としてきらめく店内は憧れる女の子も多いのです。

ただ、一般的な日中に仕事をしている人から見てイメージがよくないことも事実です。

様々なイメージがあるキャバ嬢ですが、実は自立した生活を送るために頑張っている女の子がとっても多いんです!

大学生や20代前半の若い女性が多く、「夢のためにお金を貯めたい人」「借金を返すためにお金が必要な人」「お酒が好きな人」「接客が好きな人」など色々な理由で働いています。

個人的には、お客さんに夢を与えるすばらしい仕事だと思いますが、世間一般的なイメージは良くありません。

ホストやホステスなどの夜の仕事は、世間には認められにくい仕事です。

そんなキャバ嬢にとって、悩みの種となってしまうのがお部屋探しです。

これからお部屋探しを始める女性はぜひチェックしてくださいね。

 

1.キャバ嬢の収入はいくらぐらいなの?

 

1-1.キャバ嬢の月収はすごい金額?

経験者じゃないとわからない収入面のこと。

「キャバ嬢」ってだけで高収入を連想する方も多いと思います。

でも、実はキャバ嬢って収入が多い反面、出費もものすごく多いんです!

ドレス代や名刺代などの諸経費をはじめ、送りの車代やヘアメイク代などお店によってまちまちではありますが、収入はイメージしている金額の半分程になるとのこと。

源泉徴収や罰金があるお店もあるので、なかにはスーパーやコンビニのレジと変わらないお給料なんてこともあるようです。

 

1-2.キャバ嬢の給料はどのように決まるの?

キャバ嬢の給料は少し複雑で、お店によって違いがあります。

・完全に時給が固定されている
・指名の本数によって時給が変わる
・売上の一部がバックされる
・指名の本数によっていくらかバックされる

この4つのパターンのお店が多いようです。

それとは別に、同伴をしたりボトルが入ったりした時にはインセンティブが支払われます。

日払いに対応している店もありますが、給料の前借りとして、一部を先にもらう形の店が多いようです。

銀座の有名キャバクラ店のナンバー1キャバ嬢にもなると、年収が1億円を超えることもあります。

・キャバ嬢の時給

キャバ嬢の時給は田舎で1,500~3,000円、都会なら2,000~5,000円ぐらいが相場となっています。

時給にかなり幅がありますが、これは店や人によって全く違うからです。

時給とは別にインセンティブも入ります。

 

2.キャバ嬢のお部屋探しは、なぜ難しいのか?

キャバ嬢を含め、水商売をしている方は賃貸の契約が難しいと言われていることを知っていますか?

何故そんなことが起こるのかというと、夜間の騒音や家賃滞納などのトラブルを起こしやすいというイメージがあるせいなのです。

実際にそんなことはしない、とあなたが思っていても残念ながら大家さんから煙たがられてしまいます。

夜間にゴミを出したりシャワーを浴びるなど、生活リズムが違うため隣人がストレスに感じる事も考えられます。

逆にあなたが寝ている時間に日中仕事をしている隣人の生活騒音でストレスを感じる可能性もあるのです。

また、収入が安定していない事やいつまで続けられるか不安定な職業だからこそお部屋探しが難しくなっています。

 

3.キャバ嬢でも引っ越しをしたい!お部屋探しはどうすればいいの?

引っ越しをしたいと思い、まずお部屋探しをする際は何から始めたらいいんでしょうか?

実は最近はキャバ嬢でも賃貸物件を借りやすくなっているんですよ!

 

3-1.お店の寮に入る

水商売で複数の店舗を持つ、大手グループなどは寮を完備している店舗が少なくありません。

お給料から天引きされるので、滞納なんてことにならないのが便利。

また、隣人が同じ職業の女の子と思えば安心して暮らせます。

 

3-2.保証人

地方から出てきて水商売をやっていると、保証人がいないという事もあるでしょう。

そこでありがたいのが家賃の何割かを支払えば、保証人になってくれる保証人代行会社です。

保証人不要の物件以外にも、幅広く賃貸探しを始めることが出来ちゃいますよ!

 

3-3.水商売の方向け不動産

近年新しく登場してきているのが、水商売の方向けの不動産会社です。

都市部ではメジャーになってきており、豊富な知識と夜のお仕事をしている方でも借りやすい物件が多いのが特徴です。

夜の職業の人でも関係無く審査してくれるお部屋があり紹介してくれるので、審査が通りやすいです。

HOME’SやSUUMOの情報では判断できないので、水商売の方向けの不動産会社に探してもらいましょう。

また、たくさんの水商売の方の審査を通してきた経験があります。

審査が通るか通らないかは、不動産屋の審査時の説明次第で左右されることもありますので、キャバ嬢の方の審査を多く通してきた実績がある不動産屋に頼みましょう。

例えば「水商売勤務の人です」という説明と「現在水商売勤務ですが、○月に都内の○○という飲食店で働くことが決まっています」という説明では印象が全然変わりますよね。

わからないことは何でも教えてくれますので頼りになります。

以上の3点がオススメの方法です。

他にも方法がありますのでご紹介します。

■一時的にでも昼の仕事を始めましょう

アルバイトなどでもよいので、昼の仕事を始めて入居審査に挑戦しましょう。

そもそも、夜の仕事が審査に落ちやすい理由は、夜の仕事をしている人に対して、以下のようなイメージを大家さんが持っていることが多いからです。

・仕事を簡単にやめてしまう人が多そう
・マナーが悪い人が多そう
・金遣いが荒く、家賃を滞納するのではないか
・ストーカーなどトラブルが起こりそう
・内緒で同棲したりペットを飼いそう

お昼にアルバイトしているなら、以下のような方法で審査に通りやすくなる方法があります。

・代理契約(親族名義)で契約をする

自分の名義ではなく、親族の名義で契約する方法があります。

家賃を支払う人が自分ではなく親になりますので、最も審査に通りやすいです。

ただし、親にキャバクラで働いていることを隠していて、名義を借りられない場合は、他の方法で通過しましょう。

・預貯金の審査で通過する

預貯金審査とは、貯金額で信用をしてもらえるかを測る審査方法です。

貯金があれば、仕事の内容に関係なく信用してもらえ審査に通ることができます。

ただし、必要な預貯金額はかなり高く、賃貸契約したい家賃の最低25ヶ月分は必要とかなり高いハードルとなっています。

10万円のお部屋なら250万円ですから、なかなか難しいと言えますね。

また、貯金額が家賃の25ヶ月以上あったとしても、必ず審査してもらえるわけではないです。

大家さんによっては、そもそも預貯金審査自体を受付していない場合があります。

・普通の審査でも通る可能性はある

キャバ嬢の人は、あくまで「一般的な会社勤めの人より審査に通りにくい」だけなので、普通の賃貸契約を結べないわけではないです。

きちんと確定申告していればOK、課税証明書を提出できればOK、と審査してもらえる場合があります。

もちろん、不動産屋や大家さんによって対応は違うので「こうすれば確実に審査に通る」という方法ではありません。

 

 

なかなか難しいキャバ嬢のお部屋探しですが、ご紹介した方法でぜひ良いお部屋を見つけてくださいね!

現在キャバ嬢としてお仕事されている方、これからキャバクラで働こうとお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。