LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

キャバ嬢のあなた、お仕事するお店も決まり、自分が住むお家も決まって、「さぁ入居の手続きをしよう!」と思っているとき、やっぱり必要になってくるのはお金です。

では、アパートやマンションなどの物件を借りるときには、一体どのくらいのお金がかかってくるのでしょうか?

初めてひとり暮らしをする女の子には見当もつかない金額だと思いますが、一般的なアパートやマンションなどの賃貸物件であれば、初期費用としてあなたが借りる物件の家賃の5ヶ月分くらいは必要だということを知っておいてください!

しかし、近年では、賃貸物件を借りる人口が減って、敷金礼金0円というお得な物件も増えていますので、初期費用を大きく抑えることができるという賃貸物件もあります。

「急にひとり暮らしすることになった!」「急にキャバ嬢として高収入を得ないといけなくなった」という初期費用をなるべく抑えたいあなたは、【住みたいと考えているエリアの駅名】と【敷金・礼金0円】でWeb検索するといいと思います。

新たに賃貸物件を借りるというのは、思ったよりもお金がかかるものです。

まずは手はじめに、賃貸物件を借りるための初期費用を用意しましょう。

 

1.初期費用ってなに?

あなたは初期費用という言葉を知っていますか?

賃貸物件を借りるための初期費用というのは、“契約時に最低限必要となる入居費用”のことをいうんです。

仲介業者や物件の大家さんの考え方や意向により、その額というのは異なるので注意ですよ。

 

1-1.初期費用で必要となる金額の詳細

・敷金(家賃0~3ヶ月分)

…この敷金に関してはそのエリアなどによって違いがありますが、平均で家賃1ヶ月~3ヶ月分くらいが妥当だと思います。

これに関しては家賃を滞納したときなどの保証金として物件のオーナーさんに預けるお金です。

・礼金(家賃0~2ヶ月分)
…この礼金は、物件のオーナーさんに対して支払う謝礼金の総称です。

本当のところを言えば、支払う必要などまったくないお金なのですが、不動産業界では昔からこのような古い習慣が残っているのです。

・仲介手数料(家賃1ヶ月分)

…あなたが住む物件を仲介してくれた不動産会社に支払う手数料のことです。

本来であれば、仲介してくれた手数料なので物件オーナーと借り主が折半で不動産会社へ支払うことが当然なのですが、これも一般的には借主が「いい物件をありがとうございました」というお礼を込めて、全額支払うことになります。

法律で仲介手数料は上限家賃1ヶ月分と決まっているのです。

・前家賃(家賃1ヶ月分~1ヶ月半)

…普通、初めの1ヶ月分の家賃は契約する際に前払いとなっています。

場合により、月の中旬過ぎに契約した場合でも、今月の残り日数の日割分と翌月分の家賃を前払い決まりになっているので、最大家賃1ヶ月半程度を請求されます

・火災家財保険(1万円~2万円)

…物件を借りる際には、火災家財保険への強制加入があります。

その物件の造りなどで金額に幅はありますが、平均で1万円~2万円程度

保険の期間が2年で、その後はあなた自身が任意で継続するかどうかを決めてください。

・カギ交換費用(1万円~3万円程度)

…カギ交換費は、ほとんどすべての賃貸物件で必要な項目なのですが、仲介する不動産会社によって入居時請求、退去時請求する2パターンがあります。

・家賃保証費用(家賃0.5ヶ月~1ヶ月分)

…急増しているのが、家賃保証会社への加入を契約条件としている賃貸物件です。

万が一借主が家賃滞納した場合、家賃の保証会社が物件オーナーに家賃を立て替えるシステムです。

家賃保証会社が増加したことで、保証人ナシでも契約できる賃貸物件が多くなりました。

 

2.同じ家賃でもこんなに違う

 

2-1.その違いを見てみよう

『高井マンション』と『安井マンション』があったとしましょう。

どちらも同じ間取りの1LDK、家賃は同額の105,000円です。

『高井マンション』はいろいろな縛りがある賃貸物件、『安井マンション』は入居者のことを考えた負担の少ない賃貸物件とします。

ここで、この2つの物件で初期費用がどれくらい変わるのかを検証していきたいと思います。

≪高井マンションの初期費用≫

…敷金2ヶ月、礼金2ヶ月、前家賃1ヶ月、カギ交換有り、火災保険、仲介手数料、家賃保証加入が必須

・敷金(210,000円)・礼金(210,000円)・火災保険(16,000円)・仲介手数料(113,400円※税込)

・前家賃(105,000円)・カギ交換(10,800円※税込)・家賃保証会社(113,400円※税込)

すべてを含めて合計:778,600円

≪安井マンションの初期費用≫

…敷金1ヶ月、礼金1ヶ月、前家賃1ヶ月、カギ交換退去時、火災保険、仲介手数料、家賃保証加入要件はナシ

・敷金(105,000円)・礼金(105,000円)・火災保険(16,000円)・仲介手数料(113,400円※税込)

・前家賃(105,000円)・カギ交換(0円)・家賃保証会社(加入ナシ0円)

すべてを含めて合計:444,000円

このように同じ家賃でも、仲介業者や大家の意向によって初期費用は全然違ってきます。

 

3.トラブルにならないための心構え

 

3-1.見積の依頼をしてトラブルを回避しましょう

同じ家賃であったとしても、仲介している不動産会社や物件オーナーの考え方で初期費用はまったく異なってきます。

キャバ嬢でこれから稼ごうとしているのに、初めにのしかかってくる賃貸マンションの初期費用に頭を抱えるのは絶対にイヤですよね!

契約の時になり、多額の初期費用に驚く入居予定者も非常に多いと聞きます。

そういった数字のトリックに驚かないためにも、契約前から初期費用の見積もりをもらっておくことをおすすめします。

なんと、現役の不動産屋さんに聞くと、お客さんから見積もり依頼の用紙を用意してくれと言われたことはほとんどないとのことでした。

「初期費用はこのくらいだから大丈夫」と勝手に思い込まずに、できるだけ確実な初期費用を把握することが大切です。

 

3-2.仲介手数料とは別の費用を不動産会社がとることは違法行為

不動産会社への仲介手数料は家賃の1ヶ月分が相場ということはお話しました。

これは法律により、手数料上限が家賃1ヶ月分と決定しているからです。

ですが、悪質業者になれば様々な項目で入居者からお金をとろうとしてきます。

例えていえば、契約書を作成したりする事務的なことを行う手数料として“事務手数料”をとろうとします。

ですが、仲介業者が賃貸契約時にもらえるのはすべてを含めて“家賃1ヶ月分”のみの手数料です。

仲介手数料が家賃0.5ヶ月分で、別に事務手数料で5,000円請求を回してくるのであれば違法ではありません。

しかし、しっかりと仲介手数料をもらっているのに、別で事務手数料がかかるのは違法です。

 

3-3.物件情報に費用のことが詳しく書き込んである業者は信頼できる

家賃や敷金、礼金、仲介手数料は、すべての物件情報をみれば記載してあるのですが、それ以外の火災保険、カギ交換費用、家賃保証会社加入料などに関して、全然書かれてない仲介会社も少なくないのです。

費用に関することができる限り、詳しく書かれている不動産会社というのは、お客さんに対して親切で明朗会計の良い不動産業者である可能性が高い。

お金のことに関して、意思の疎通が取れない仲介業者には注意してくださいね。