LINE友達追加でお部屋を紹介してもらおう!(無料)

お店の近くであったり、少し離れたところであったり、キャバクラ嬢が賃貸の集合住宅を借りるときには、建物名を確認すると思います。

例えば『〇〇アパート』とアパート名になっている建物と『××マンション』のようにマンション名になっているものがありますが、この違いって、あなたはわかりますか?

でも、響き的にアパートよりもマンションの方がより高級感があってとてもいい物件のように思えますが、これって果たして正解なのでしょうか?

 

 

1.まずその違いを知ること

 

1-1.どちらも和製英語なんです

アパートorマンション、どちらも和製英語だということを知っておいてください。

おそらくアパートというのは、英語のapartmentから…。

これはいわゆる集合住宅の総称になります。

ですから、アパートメントだから安っぽい感じがするということはないのです。

イングランドではひとつの建物内を仕切り、それぞれのスペースを借りて暮らす方式をflatと呼んでいました。

これもアメリカにならって、apartmentと呼ぶように変わっていっています。

ただ日本人というのは勝手なイメージづくりをしてしまう風土があるので、マンションも集合住宅だと思いがちですが、アメリカ圏やイングランドでは、“戸建ての大豪邸”という意味になります。

ですから、マンションを持っているのは、おのずとハリウッドスターや銀行オーナーなど、大金持ちのセレブになります。

ベッドルームが20室あって、庭にはプールがあるという感じです。

海外で、マンション在住と言うと、とてつもない誤解を受けるので注意しましょう。

ちなみにcondominium(コンドミニアム)は、分譲マンションという意味に近いです。

 

1-2.一般的にいえる違いはある

確かに日本にもマンションという概念は、鉄骨鉄筋コンクリート建て、比較的ガッチリとした建物で、アパートというのは木造モルタル建てで、2階建てであってもコンコンと階段の昇り降りの足音が響くようなイメージがあります。

それは不動産のプロも見る不動産広告にも反映されています。

それが一般的な違いになるのではないでしょうか?

例えていうならば、2階建て以下の木造物件に関してはアパートという表記で、3階建てよりも上層がある物件に関してはマンションと呼ぶ風潮です。

 

1-3.ハイツとかコーポとかいろんな呼び方があるのはなぜ?

賃貸住宅情報などでよく見かけるのが『〇〇ハイツ』や『××ハイム』、『◇◇荘』などです。

これらもアパートやマンションの名称になるのですが、これらに関してもこれといった決まりはなく、流行を負った名前の付け方がなされているだけです。

オシャレで稼げるお仕事であるキャバ嬢という職業を選んだあなたも、自分に合った間取りと名前の賃貸物件を探すといいでしょう。

 

2.アパートの特徴ってなに?

アパートといえば、2階建てで金属の外階段、間取りも1DKくらいで単身者を受け入れる安い家賃の物件をやはりイメージしてしまいますが、実際の住み心地というのはどんな感じなのでしょうか?

 

2-1.建物すべてを単一オーナーや会社が管理している場合が多い

希望が小さいアパートというのはマンションに比べて、管理がしやすく、比較的建物自体が購入しやすいです。

そのため、一棟すべてをひとりのオーナーさん、ひとつの会社が所有しているという単一オーナーが多いです。

そのアパートにどのような人々を入居させるか、リノベーションをするかどうか、ペット可にするか、小さな子供を持つ家族は入居可か、外国人の入居がどうするかなど、すべて物件オーナーの判断で決めていきます。

ですから、どんな人が居住しているかをすべて把握しているので、何かあった場合は頼りになります。

動物のアレルギーを持つ人が入居しているアパートに、ペットが飼いたいという人がやってきても、まず飼えないという感じで、どんなことにも対応してくれます。

 

2-2.家賃が安価で暮らしやすい

アパートというのは大体が木造で、建築費が安く済みます。

さらに、階段に関しても内階段よりは外階段で安くあがります。

建築費用が安い分を、入居者に還元するためにも、家賃を低く抑えられるわけです。

 

2-3. 防音性に関しては?

これまで鉄筋コンクリート建てのマンションにしか住んだことのない方であれば、初めは驚くほど音が響くと感じます。

建物の造りよってですが、赤ん坊の夜泣きの声などよく聞こえます。

さらに、安い家賃に惹かれて学生も多く入居してくるので、深夜の飲み会やギターの音が気になることもあります。

騒音が気になる人は、事前にどのような人々が入居しているかを調べておいた方がいいでしょう。

また最近では、部屋の境目が押入れで、緩衝スペースや防音材処置をした物件も多く、一概にうるさいとは言えません。

 

3.マンションの特徴ってなに?

鉄骨や鉄筋コンクリート造りのマンションは、アパートに比べると防音性が高く、住居としてハイグレード感はあります。

 

3-1.防音性が高く、密閉性がある

マンションの特徴としては、高い防音性と密閉性に関してです。

しかし、分譲ではなく、ただ単に賃貸用に建築されたマンションは、建築費用を安価に抑えるために、壁が薄くて高い防音性がない、高い密閉性のために湿気が逃げずにカビが生える、といったデメリットもあります。

 

3-2.隣には誰が住んでいるかわからない

大きな規模のマンションになればなるだけ、入居者の数も多くなります。

ですので、隣にどんな人が住んでいるのかを把握するのが大変です。

深夜のエレベーターで別の住人と鉢合わせて、一緒に乗り込んだときなどは少し「怖い」という感じがします。

 

3-3.物件によって違う条件

マンションとひと言で言ってみても、その工法や造りというのは物件によってバラバラです。

一番充実していると言われているのは、その物件のオーナーが住むために買い、そこを賃貸向けに貸し出している分譲賃貸物件です。

自らが住むために購入したマンションなので、すべての設備も整っている上に、壁も厚くて防音効果も高い、管理に関しても資産価値を落とさないようにしっかりと整っています。

3-4.セキュリティに関してもまちまち

キャバ嬢としては気になるセキュリティに関しても物件により、まちまちになります。

外部の人間が勝手に出入りできたり、名ばかりのオートロックで泥棒も侵入し放題というところもあります。

投資物件のワンルームなど安価で狭いマンション物件に関しては、オーナーが収益を上げる目的で買ったので、あまり整備はよくありません。

しかも、なかなか入居者が入らずに、仕方なくあまり入居者として好ましくない人にも貸し出しているケースがあるので、あまりキレイではない場合があります。

こういった物件は一度自分で出向いてみて、共有部分の汚れやごみ屋敷のようになったベランダがある部屋、共同のゴミ捨て場にルールを無視したゴミが出されているなど、マンション事態が荒れていないかをチェックしに行った方がいいでしょう。

 

 

低いモラルの入居者が多い建物はどんどん荒れていく一方なので、実際に物件に行ってみると雰囲気を感じることができます。

マンションだから大丈夫、アパートだから安っぽいというイメージ先行ではなく、くれぐれも自分の足を運んでみましょう。